「車」カテゴリーアーカイブ

滋賀県往復(APRS)

少し滋賀県に用件があったので車で往復してみました。

アウトランダーPHEVにもAPRS機能のある無線機を取り付けています。

151113IMG_20151113_141756FTM-100D

本体は椅子の下そしてコントローラをダッシュボードの下に取り付けました。視線移動量は多いですがダッシュボード上に取り付けるのは盗難などのリスクが増えますし、運転中にも見つめてしまうので嫌いです。

釣り下げる取り付ける方をしたので収納場所は減らなかったですし、煩くなく取り付けられました。100Vが手元にあるのですが当然12Vをバッテリーから引き出さなくてはならず、使っていない時には暗電流を流さないためにシガープラグからリレーの電源を貰う配線にしましたがゴチャゴチャせずに纏まりました(結構時間がかかりました…もうカーナビの取り付け料金が高いなどとは言いません。結構苦労しました)。

兄貴分の2バンドを同時に聞けるFTM-400Dもマイナーチェンジをする様ですが弟分のFTM-100Dは前評判道理GPSの感度はとても良くこの位置でもすぐに位置を割り出してくれました。満足です。

局の免許も変更申請が許可になりましたし、無線局免許証票も無線機に貼り付けたので移動しながら電波を出してみました。

その結果は

101315綺麗にルートがネット上にリアルタイムで記録として残ります

愛知県三重県はスマートビーコンのお陰もあって完全にルートをトレースできている印象です。北海道旅行や(9月)や岡山や岐阜旅行(8月)でこれをやりたかったですがとても残念です。

往路草津の辺りから目的地付近まで記録が残らないのは違法無線局の混信です。APRSが使う周波数帯は総務省から決められた広帯域デジタル用の使用区分ですし、識別符号(コールサイン)もつけずにアマチュア業務以外のことを繰り返し話していました。こちらにも電波法59条に秘密の保護義務がありますのでこれ以上は書けないですが酷いものでした。電波法80条2項には総務大臣宛に違法局の報告の義務(権利ではなく義務です)がありますので総合通信局に報告しておきます。

巨大掲示板のAPRSスレッドにも何回も書かれていますが、私も前回は違法局がイヤで関東エリアで閉局したのですが、人間はやはりあまり進化していない様です。テクノロジーが進歩したらその分だけ人間も進歩しないとその責任が取れませんよね。

車にアンテナを取り付けました

Facebookでは投稿が見難いとのコメントがどこからともなく有りましたので明記しておきます。この投稿は本館(自宅サーバー)にしたものが自動的に Facebookにも反映されています。Facebookで読み難い方は一番下のリンクから本館(tooota.dyndns.org)側へお越し下さ い。

アウトランダーPHEVにもアマチュア無線用のアンテナを取り付けました(こういう事は話しが速いです)。

電車で大学に行く際にVX-8Dに標準付属のアンテナを取り付けてAPRSを聞いていると交信可能範囲はどうも数Kmでした。見晴らしの良い山やスキー場などとは違う市街地での挙動は予想が出来ていたのですが車で移動するには少し勿体ない感じがしており、モービルアンテナを取り付けてみました。

151017_001279950MHz帯も運用したいのでアースも車本体に落としてあります

ダイヤモンドアンテナSG-M911を選択して車内に引き込みケーブルを4m使っています。航空無線帯や国際マリンVHF帯は充分な感度になりました。Sメーター感度で持ち歩ける最大の大きさのSRH940に較べ3程度高く振れています。気にしていましたがVHF帯ではPHEV特有のジェネレーターノイズなども問題無い様です。

様子を見るために南知多道路を使って南下してみました。美浜パーキングエリア(知多半島の中でも標高が高く見晴らしの良い所です)で電波をモニターすると9エリア(北陸地方),7エリア(東北地方)のAPRSパケットが受信できました。軽く数百キロの電波を受信した事になって少し驚きました(受信だけしていたので写真などは控えておきます)。

 

やはり無線は1に場所,2にアンテナと言っていましたが今も基本は変わらないようです。

ネットを見ていると伊勢湾や三河湾でも知多半島の南側は殆どレピーターがない様です。他人様のインフラにお世話になっているだけでは申し訳ないので私もレピーター運用にも挑戦して見たいと思います。

アウトランダーPHEV燃費計算東海北陸自動車道編

今回も燃費を計算してみました。前回と違っていることは学生さん達が同乗してくれたので4名乗車です。キャンプだったので荷物も結構積んでいます。一人当たり80kgとして前回よりも概ね250kg重量が増えています。

往路;知多半島→(高速)→名古屋市内→(高速)→小牧→岐阜県加茂郡白川町→小牧→(高速)→富山県南礪市→(高速)→五箇山周辺→富山市内のルートで490.2km走っており自宅(40km)と一度だけ充電(20km)しています。ガソリンは31.62L入れましたので(490.2-60)/31.62=13.60km/L

復路;富山市内→(高速)→名古屋市内→(高速)→知多半島で充電はしておらず278.0km走っています。ガソリンは22.51L入れましたので278.0/22.5=12.35km/L

 エアコンの使用などもありますが高速主体の復路の方が燃費が良くなかったことは意外です。でも荷物を最大限に積んで起伏の激しい山岳地帯をこの程度走れる(前回と較べても殆ど燃費が低下しない)のでとても満足です。

来月は車を北海道に持ち込んで燃費を計測してみます。

150820__DSC12681日目の泊地岐阜県加茂郡白川町のクオーレふれあいの森

戻ってきました。そしてアウトランダーPHEVの燃費計算

岡山大学で講義を2日間させて貰って四国に渡りました。

150804__DSC1245瀬戸中央自動車道与島PA

150804__DSC1250 150804__DSC1246金比羅さん

平日の夕方で殆ど人もいなかったのですが海上安全祈願をしてきました。

帰りは一切の充電や寄り道をせず、2回の休憩だけで、知多半島に戻っています。

燃費を計算すると

往路;知多半島→京都→中国自動車道路→岡山,倉敷→高松 走行距離669.4kmでした。使ったガソリンは29.4Lでした。単純に計算すると22.8km/Lですが、往路は自宅(満充電)と土山SA,草津PA(何れも50%)そして京都のイオンモール,中国道の加西SA,勝央SA,岡山道高梁SA,倉敷市営駐車場(40%),吉備SAと岡山市内で25分の急速充電を行っています。

大体半分の充電では25km、25分の急速充電(85%付近まで回復)で35km走れる計算として、45(自宅)+35×5+25×3=295kmを電気で走行した事なり、374km/29.4L=12.7km/Lでした。宝塚トンネル付近の渋滞や起伏の激しい中国自動車道があったので当然かとも思います。

一方全てをNSCの有償などとして少し厳しめな前提を使ってお金で計算するとガソリン1L=147円として147×29.4+300円(自宅分)+360×5+180×3=6962円(切り上げ)でした。従って6962/669.4=10.4円/kmとなりました。

復路;高松→高松自動車道→神戸淡路鳴門自動車道→第2神明道路→名神高速道路→新名神高速道路の経路で393.1km走って27.0Lのガソリンを使っています。393.1/27.0=14.6km/Lとなりました(こちらは殆どが高速道路)。

同様にお金で計算すると27×147=3969円となり、3969/393.1=10.1円/kmとなります。

今年4月からの急速充電器が有償化され、その価格設定が絶妙なためか、殆ど差がない結果となりました。電気が安いのを理由にして、無駄に走るのも考え物なので私は大体納得しています。しかし充電カードの維持費(固定費分会費)の月500円は利用者を拡大する観点からももう少し考えて欲しいと思っています。それに三菱自動車電動車両サポートのマイページから充電履歴の確認を早く使える様にして欲しい(怒り)。

何よりも1.8tで重いですが居住性の良いアウトランダーPHEVの静かで滑らかな加速のお陰で復路400kmを6時間(内2時間は第2神明道路での渋滞)で一気に走りましたが殆ど疲れませんでした。

 次回は東海北陸自動車道路で燃費を調べる予定です。

アウトランダーにステッカーを貼りました

アウトランダーPHEVのステッカーを手に入れました。

赤のアウトランダーPHEVを選びましたがこれは確か2014年秋のマイナーチェンジで追加された色だと思います。このステッカーは2014年始めに三菱自動車がプレゼントしていたものです。あまり見かけない組み合わせになると思います。

150607__DSC1199助手席側

本当は後ろにも回生ブレーキを使っている事への注意を喚起するステッカーも作って貼りたいのですが…

 本体が大きくてノッペリした印象だったのでアクセントが入って良くなりました。一層愛着が湧いてきました。

ルーフボックス(EA500B)装着

今の車にroof boxを取り付けてみました。

150515__DSC1191 TERZOシンメトリック(横にスノーピークのシールを早速貼りました)

ベースキャリアはヨーロッパのTHULEにしていました。アウトランダー(ルーフレール付き)のフットとベースそしてウイングバーの適合情報が出ていましたので少し前に衝動買いをしておりました…

THULEの方が取り付け方法などは洗練されており、悩んだのですが本体だけは日本製のTERZOシンメトリック(EA500B)にしました。

そしてお約束の大きな段ボールで配達されて、暫くは玄関先に放置しておりました。昨日時間が出来たのでワックスを厚めに塗ってから取り付け、一人で2時間ほど結構苦労しました(筋肉痛)。

TERZOのシンメトリックに限らずローライダーシリーズもTERZOのバーにあった取り付け金具しか標準でついていないのでTHULEのウイングバーに合わせるには別にマルチクランプを購入する必要があります。マルチクランプは鍵が掛けられずに、盗難にも弱くなりますが今の時点ではウイングバーにしっかり噛み付いてくれがたつきなどは無いです(満足)。

一つのブランドで統一するのに較べ、自己責任の範囲が多くなり、想定する事も多く、手間もかかり、値段もより高価になるのですが、総合的に装着高さ(車本体+80mm;バー高さ+270mm;BOX高さ),容量(320L)そして希少性(まだ街中でみたことがないです)を考えてこれの組み合わせに…満足しておりますが、取り付けで相当疲れました。

150515__DSC1192ずらして装着

シンメトリックは両開きではないですがどちらの向きにも取り付けられますので助手席側から開くことにして、ずらして装着してみました。私は身長が低い方ではないのですが踏み台(350mm)を使っても奥に手が届かず…

取り敢えずは荷物室に置いていた寝袋,マットなどを入れてしまいすっきりです。釣りに行く際の釣り竿やフローティングジャケットなども濡れたまま帰ってこれますので満足しています。

でも滅多なことでは取り外さないでしょうね。ずらした結果の運転の様子(低速では問題なし)と燃費の落ち方はこれから少し調べて見ます。

 

初めての長距離運転

今週は早速アウトランダーPHEVの長距離運転をしてみました。

目的地は滋賀県の信楽です。ちょっとここに荷物を運ぶ必要がありました。

往路は東海湾岸自動車道路から新名神高速道路を使い、少し里山を走ってみました。

Loading the player...

ドライブレコーダーの画像を変換してみました。一時停止をいい加減にしていることがハッキリ見えます(反省)。動画の変換(AVI→WMAに変換;ファイルサイズは半分 して、その後HPに載せるために更に圧縮)していますが充分な解像度で満足しています。

荷物を下ろした復路は御斉峠を下ってまず三重県に入ります。非常に景色の良い場所ですが当日はキリが立ちこめておりました。

一気に標高が下がって伊賀上野に到着します。信楽を出発する時にバッテリーは残り2kmでしたが下り坂で回生ブレーキを使って充電して12kmまで電力を蓄えました。今まではブレーキから熱に変えて放出していると思うと少し驚かされます。

150217__DSC1153伊賀上野ドライブインで急速充電

色々な所に伊賀忍者がいます。

150217__DSC1154まだ珍しいのか遠巻きに眺めて貰っています

150217__DSC1157名阪国道

交通集中し易い名阪国道で三菱自慢の自動運転を試してみます。

Loading the player...

確かに自動で前方の車との距離も勘案して速度を制御してくれて便利なのですが違和感がすごいです…前方でブレーキランプが点灯すると私が減速に備え、身構えてしまいブレーキに置いた足に力が入ってしまいます。

機能としては充分ですし、これに慣れたら非常に便利なのでしょうね。但しあくまでも人間が最後の砦なので、レベルが高くなった分だけ、いざというときには人間ももっと高い技量が要求されるような気がしてならないです。私は古い人間なので慣れるのには苦労しそうです。

Loading the player...

殆どガソリンを使うことなく御在所SA到着です。

150217__DSC1161急速充電中(本日3回目)

アウトランダーは他の電気自動車に較べて大きいので充電ケーブルが届きにくいのでバックで入るべきなのですが夕方の時間帯ですし、まだ車幅感覚が出来ていないので…30分でほぼ90%まで回復しました。

ここから伊勢湾岸道と知多半島道路を一気に走って知多半島まで到着しました。後半は殆どガソリンを使わなかったです。

Loading the player...

夜のドライブレコーダー画像です。設定を触らずにそのままの録画です。事故の記録ならば充分な解像度だと思います。

満足しましたがまだ慣れておらず、少し疲れた運転でした。

レーダー探知機など取り付け終了

新しくしたアウトランダーPHEVに少し装備を取り付けました。

 先ずはアクセル,ブレーキペダルを大きくして、フットレストも滑りにくいものを取り付けました。

150217__DSC1159初めてのクラッチのない車…

違和感がありすぎて少し疲れ気味です。

ミラーにかぶせる形式のレーダー探知機とドライブレコーダーも併せて導入しました。

150217__DSC1160干渉してしまった…

どちらもセルスターのAR-262GM(レーダー探知機)とCSD-360HD(ドライブレコーダー)です。セルスターはレーダー探知機からドライブレコーダーに電源が供給でき、一本電源を取れば良いので気に入っています。今年のモデルはレーダー探知機とドライブレコーダーがデジタル接続し、探知機側からレコーダーを制御できるようですが本日時点では専用ケーブルが発売されていないようです。

最近の車は電子装備が多く、右側はカメラ(センター)がある様なので運転席に付けましたが、少し干渉してしまいました。

 昨日は少し用があり長距離を走ってきましたのでレコーダーの映像や急速充電の様子などは後日改めてアップします。

今まで有り難うそしてよろしく

ちょっと思う所があって車を乗り換えました。

マツダRX-7を2台で合計20年ほど運転していました。

150210__DSC1148「本当に今まで15年間有り難うそしてご苦労様でした」

出発の数日前に心から何度もお礼を言いました。今度は三菱のアウトランダーPHEVにしました。

150214__DSC1150これからヨロシク

人生初めてのクラッチのない車そして電気自動車です。

午後はドライブレコーダーやレーダー探知機を取り付けます。