「御挨拶・私の意見」カテゴリーアーカイブ

私の成績 2017年夏

上期の講義の成績(学生さん達の評価)が届きました。

 言い訳も幾つかありますが・・・殆ど昨年とスタイルを変えていないのにも関わらず・・・やはり相性というものはありますかね。毎年悩まされます。

 グループ討議をして貰い、その結果を皆さんの前で報告して貰いますがやはりこれは毎年相当濃淡が出てしまいます。

私の時代には殆ど必要なかったスキルですが最近は直ぐにプレゼンがあるので出来るだけ続けていきたいと思います。

下期も精進したいと思います。コメントを頂いた学生さんに感謝致します。

 

近況の報告

別館(FaceBook)で他人様のスレッドに一言だけコメントしただけでしたが、その後はメッセージが多くて驚いてしました。本当にSNSでつながっている印象が強くなりました。

実は昨年の初夏に会社を退職しておりました。私は12月生まれなのでこのまま定年まで勤めると、一番寒い時期に挨拶回りなどの後始末をしなければならないのが本当にイヤでした。初夏の緑が一番綺麗な時に新陳代謝の端役を演じる事が出来て本当に良かったです。

一年間イソップ童話のキリギリスに負けない位に遊び呆けていました。別館にも書きましたが夏前位からヨーロッパに出かけたり、準備とリハビリを積んでボチボチまた技術の仕事に復帰する事にしました。

p_20160916_164215_vhdr_auto今度の仕事場そして住居のそばにて

住む所そして勉強する対象も変えてみました。

cci20160922ニトロ基からフッ素基へ

歳を取ると人間はある程度の蓄積も出来て誰でも保守的になります。でもやはり何時までも内側が若々しくあるために、常に挑戦者の側でありたいと思っております。今まで以上にご指導を頂ければ幸甚です。

私の成績表2016上期

学生さん達の成績付けも終わって一段落しておりました。すると例年2回の私の成績表が届きました。

CCI20160904少し項目が変わりました

昨年後半から講義のレベルをだいぶ難しくして、再履修の学生さんの人数も二桁に達していたので覚悟はしていたのですが・・・ある程度参考にはさせて貰います。

しかし学生さんにおもねったり、その場凌ぎの人気取りで優しくする事はありませんので覚悟しておいて下さい。私も教壇に立たして貰っている以上は学生さん達の将来に対して責任がありますので・・・

電動リールの入れ替え

使っていた大型の電動リールがだいぶ古くなってきました。そしてスペック的にも見劣りしてきており、巻き上げ速度なども遅く、乗合船の釣りでは他のお客さんに迷惑になりそうです。

買ったのは20世紀の1990年代冬の頃でした。最初の子供が生まれるドタバタの中で一式そろえました。リール,バッテリー,竿掛けと・・・その後暫くはクレジットカードを持ち歩かせてもらえませんでした・・・

160622__0012933ダイワ スパータナコンEX-60

その子供も今年の春には大学を出て働く事になりましたので23年目です。

メンテナンスを頼んでも今回は交換部品なしで断られてしまいました。本当は一番愛着のあるリールなので丁寧に使っており、もっとメンテナンスして使い続けたかったのですがどうやらいよいよ引退の時期です。

これを買う前の20歳代終わりまではマニュアル車で往復の運転+中深場(水深200m)の釣りを手巻きでやっていたのですから若かったというか無謀だったものです。

本当にご苦労様でした。お陰でずいぶん釣りの腕は上がりましたし、何よりもおいしい魚を食べる事ができました。私が出来る最後の分解整備を丁寧にしてやって暫く眠りに入ってもらうつもりです。本当に有り難う

ご苦労様でした。

講義での所感

名城大学での講義の3廻り目2回が昨日終わりました。

少しマンネリ気味でしたので内容を少し訂正しています。変更箇所のダイジェストです。

第01回講義.0162チャンネルまとめより転載

もう時代が変わったためか2チャンネルを引き合いに出しても学生さん達の乗りも良くないです。

第01回講義.017分離精製からまたスタートします

毎年この後の2回目に工学の基本になるSI単位系の話しをさせて貰います。2年前の講義スタートの年にはテラ牛丼やメガマックで笑わせてから、SI接頭辞(単位系)の話しに 引きずり込んだ時代から世の中の状態が確実に 変わって来ています。

景気が良くなって牛丼もマックも値上がりして、この様な商品はもう売られておらず、この話をしても今年の学生さん達には受けないと思いますのでまた景気が悪くなるまで封印しておくつもりです。
私の様にあまり変わり映えのない世界で自分の興味だけを中心に自分勝手な事ばかりしている本当に視野が狭く、時代の変化にも本当に鈍感になってしまいます。

毎年の講義を聞いてくれる学生さん達のお陰で私が何時でも世の中の変化に対して敏感な状態であり続ければならない事にとても感謝です。

講義の準備

また名城大学の講義の準備をしております。例年通り分離精製工学からスタートします。

webclass講義のプロジェクター配布用のWebClass(本当に使い易いです;感謝)

今年の分離精製はあまり内容を代えるつもりは無いですがもう少し世の中、特に海外の実情も交えてもう少し実践的な話しもして行きたいので副読本を準備しています。

先月から予習をしております。前に載せたかと思いますが、今年はThe Art of Process Chemistryにしてみます。

Cyan:Magenta:Yellow:Black
Cyan:Magenta:Yellow:Black

メルク社の最近の研究開発の成果として9個の実例を掲載してあります。定石通り実験室的合成フローから工程短縮や収率の向上だけでは無く、溶媒の使用量低減,光学分割を初め副生成物の低減そして毒性の高い触媒の変更などを目標にして様々な手段を使って工業的に妥当で合理性の高い合成フローを確立していった経緯を纏めてある内容です。

今の学生さん達はお利口になっていて会社・企業というと安く作る(大量に作る)を目標にしている事は良く理解して呉れていますが、まずそれだけでは無い(済まない)ことからお話ししたいと思っております。

掲載してある内容はどれも文字通りプロセスを磨き上げると言ったものです。そしてやはり綺麗なプロセスは文字通り芸術性を感じさせる章もあります。一番大切な事はプロフェッショナルは結果は求められるが(出来て当たり前)、その過程までも厳しく評価される事だと思っています。

何よりも自分が一番勉強になります。また今年一年精進します。

免許到着(第四級海上無線通信士)

最近はコンディションが良く21MHzで遠距離通信が出来る様なのでまた遊び呆けていると郵便が到着しました(丁度香港の局と喋っていました)。

開けてみると海上無線通信士の免許が届いていました。

160326_0012904表面(欲しかった通信士免許 発給は大臣名です)

ホログラムは特殊無線技士と同じで綺麗ですが文言は違います。それにしても免許番号から取得者が少ないのが解ります。まぁ海上通信士としては最下位の4級ですからね

160326_0012905裏側(自分のサインも印刷してあります)

国際通信は出来ない資格ですが英文併記でサイン付きとは思いませんでした。これでは満足して上位資格への挑戦意欲が少し失せてしまいますね。

しかし実務経験が全く無いのに良く合格したものだと思います。やっと遠洋マグロ船の通信士と船長は出来る様になりました(実地と経験は全く別な事は良く解っています)。夏までにキチンと勉強と準備して出来るだけ上位資格に挑戦するつもりです。本当に年齢を重ねてから物事の重みが解った後に勉強するのは楽しいです。

第四級海上無線通信士合格

2月に別館で報告した無線通信士(第四級海上無線通信士)の結果が今日郵送されてきました。

CCI20160309合格しました

特殊無線技士の免許の所で書きましたが上位資格の取りたかった通信士資格を取る事が出来ました。結構手強かったです。早速免許交付の手続きをします。

工学の試験内容としてはやや2級アマチュア無線技士よりもやや易しいですが毎回ちゃんと計算問題も入っていますし、アマチュアでは殆ど出題されないオペアンプやデジタル通信の知識に関する問題は無論GPSやレーダーも範囲に入ってきますのでとても幅広い勉強が必要になります。法規も遭難通信に関する実際運用の所が確実に出題されますし、当然幅広い知識がないと難しいです。

何よりもプレッシャーだったのは出題数でした。範囲が幅広くなるのに対して第四級海上無線通信士の試験は無線工学は18問そして第2級アマチュア無線技士は25問となり、法規では通信士20問に対して30問となる合格基準が通信士70%に対して60%でした。

従って合格基準だけでも厳しいですが、問題数が少なく一問間違えた際のダメージが大きい事になります。従って広い範囲を正しく理解または覚える事が必要で結構なプレッシャーです。

私はこの様な難しい事に挑戦する環境が好きなので楽しんで受験する事が出来ました。海上無線通信士の最下位の第4級と言っても流石にプロの資格だけの事はあります。

でもこの免許を持っている事で許容されるアマチュア無線の範囲が4級アマチュア無線技士の範囲までです。この免許での仕事上の通信は船上で250Wまで海岸の通信局では125Wまで許可されるのに対して、趣味でアマチュア無線をすると短波帯で10W,超短波帯でも20Wしか出せないのですからおかしな話しです。本当にアマチュア無線の世界は恵まれています。前にも書きましたが衰退が本当にもったいない趣味の分野だと思います。

またこの資格では英語の試験がないため国際通信は認められておらず国内だけでの交信となってしまいます。従って遠洋漁業に従事する船などしか用途が少なくあまり受験者も少ない資格です。

しかし面白いのは無線工学の範囲は上位の第三級海上無線通信士と逆転します。従って第四級海上無線通信士の資格を持っている(合格3年以内)と第三級海上無線通信士の国家試験受験時には無線工学は免除になります。

今年の夏から秋に向けて英語の試験もある通信士の上位資格にもチャレンジしていきたいと思います。ところで遠洋漁業でも何か通信の仕事はないですかね?このだらけて錆び付いた体では難しいですね。

モールス通信(PCによるデコード)

デジタル通信の基本はモールス符号での交信でした。復習を兼ねて毎晩聞いているのですが長時間聞いていると間違いや聞き落としが出たり…やはり年齢とともに…

しかし最近は本当に便利になって長短点の連続であるモールス符号から欧文アルファベットや和文仮名に自動的にデコードしてくれるソフトもあります。本当に便利になりました。

150216デコード中(7Mhz)

暫く使って見ましたがPCと通信機の接続さえ出来ていれば、この時の様に混信やノイズが少なくコンディションの良い時には非常に便利です。送信もマクロコマンドを使って自由にキーボードから行えるので、PCとソフトさえあればモールス符号も覚える必要が無い意見も解ります。

しかしバンド内が混雑したりノイズが増えてくると受信とデコードについては、殆ど役に立たなくなります。周波数帯域内の音量がある一定の強度を越えたレベルを判定条件にして長点と短点と判断するので当然と言えば当然です。

コンディションが悪くなると人間が判断した方が絶対的に有利です。どれも本当に良く出来たソフトですが、やはり最後は使う人間のレベル次第という所ですかね。それにしても和文の送受信は手こずっています。

私の成績2015年度冬

強風の中で船釣りに強行していましたがやはり風邪をひきました。

そうこうしていると大学から封書が届いています。この時期は私への成績表(授業改善アンケートの集計結果)が届きます。講義をしている学生さん達からの下期の化学工学の評価です。

CCI20160210成績表2015年度冬

理解配慮や理解度がプラスになってきています。やはりこちらも二回り目で慣れて、余裕が出てきたのでしょうか?でもマンネリ化しない様に注意したいと思っています。

来年度も今年度同様に上期は分離精製工学から始めますが来年はもう少しレベルの高い実践的な化学も講義をしたいので上期の後半は副読本としてはThe Art of Process Chemistryを使うつもりです。

Cyan:Magenta:Yellow:BlackThe Art of Process Chemistry(メルク社のプロセスを説明したものです)

 昨年以上に丁寧に準備して、しっかり予習を行ってから講義本番に臨みたいと思っています。

滋賀県往復(APRS)

少し滋賀県に用件があったので車で往復してみました。

アウトランダーPHEVにもAPRS機能のある無線機を取り付けています。

151113IMG_20151113_141756FTM-100D

本体は椅子の下そしてコントローラをダッシュボードの下に取り付けました。視線移動量は多いですがダッシュボード上に取り付けるのは盗難などのリスクが増えますし、運転中にも見つめてしまうので嫌いです。

釣り下げる取り付ける方をしたので収納場所は減らなかったですし、煩くなく取り付けられました。100Vが手元にあるのですが当然12Vをバッテリーから引き出さなくてはならず、使っていない時には暗電流を流さないためにシガープラグからリレーの電源を貰う配線にしましたがゴチャゴチャせずに纏まりました(結構時間がかかりました…もうカーナビの取り付け料金が高いなどとは言いません。結構苦労しました)。

兄貴分の2バンドを同時に聞けるFTM-400Dもマイナーチェンジをする様ですが弟分のFTM-100Dは前評判道理GPSの感度はとても良くこの位置でもすぐに位置を割り出してくれました。満足です。

局の免許も変更申請が許可になりましたし、無線局免許証票も無線機に貼り付けたので移動しながら電波を出してみました。

その結果は

101315綺麗にルートがネット上にリアルタイムで記録として残ります

愛知県三重県はスマートビーコンのお陰もあって完全にルートをトレースできている印象です。北海道旅行や(9月)や岡山や岐阜旅行(8月)でこれをやりたかったですがとても残念です。

往路草津の辺りから目的地付近まで記録が残らないのは違法無線局の混信です。APRSが使う周波数帯は総務省から決められた広帯域デジタル用の使用区分ですし、識別符号(コールサイン)もつけずにアマチュア業務以外のことを繰り返し話していました。こちらにも電波法59条に秘密の保護義務がありますのでこれ以上は書けないですが酷いものでした。電波法80条2項には総務大臣宛に違法局の報告の義務(権利ではなく義務です)がありますので総合通信局に報告しておきます。

巨大掲示板のAPRSスレッドにも何回も書かれていますが、私も前回は違法局がイヤで関東エリアで閉局したのですが、人間はやはりあまり進化していない様です。テクノロジーが進歩したらその分だけ人間も進歩しないとその責任が取れませんよね。

小型船舶操縦士免許の取得

8月後半は小型船舶操縦士免許の取得をしていました。

ずっと考えておりましたが齢50になっての挑戦です。折角ですので自分の能力と若さを知るため、2級1級と連続して受験してみました。

150831_0012784採点結果

2級の試験は3問も間違えてしまいました。非常に悔しかったです。法令を間違えて記憶するのはとても良くない事だと思っています。1問間違えてしまいました。

1級の試験では学科は違いますが講師をしている大学の学生さんと一緒でした・・・。もし彼が合格して、私が不合格ですと非常に困った事になります・・・。相当なプレッシャーでしたが全て正解して満点を取る事が出来ました。短い期間でしたが頑張った甲斐があり、本当に嬉しかったです。

結構苦労させられましたがやっぱり挑戦して良かったです。頭の中で何時も使っている場所とは違う場所が動き出した気がします。

免許の到着が楽しみです。そしてこのブログにも新しいカテゴリーが出来るかと思います。次は海上で使う無線の免許にも挑戦したいと思います。

私の成績表(2015年夏)

またこの季節が来ました。非常勤で講義をしている学生さん達からのアンケート集計結果(成績表)です。

 150818__DSC1253実は昨年は1年目でしたので講義終了後に内容を随分訂正そして追加したのですが…興味工夫が相当落ち込んでしましました…詰め込み型の講義はするつもりはないのですが反省しています。

少し考える所があって私語対策は昨年と違い口頭での注意を何回か厳しくしたので良くなっていますがこれが学生さん達を萎縮させてしまい興味工夫が落ち込んだ結果と思っています。

授業は毎年行っていても、学生さんは一人一回の講義なので何時でもマンネリ化せずに全力で行います。下期も宜敷く御願いします。

今まで有り難うそしてよろしく

ちょっと思う所があって車を乗り換えました。

マツダRX-7を2台で合計20年ほど運転していました。

150210__DSC1148「本当に今まで15年間有り難うそしてご苦労様でした」

出発の数日前に心から何度もお礼を言いました。今度は三菱のアウトランダーPHEVにしました。

150214__DSC1150これからヨロシク

人生初めてのクラッチのない車そして電気自動車です。

午後はドライブレコーダーやレーダー探知機を取り付けます。

私の成績表(2014年度下期)

お陰様で名城大学での講義も一回り(上期;分離精製工学,下期;化学工学)終わりました。

一年の講義も久しぶりでずいぶんと戸惑いましたし、学生さん達にも少し迷惑をかけたのではないかと反省しています。本日私の成績(授業改善アンケート)が送られてきましたので公開します。

2014_2_FD 私語対策をしないのは公約(私が私語をするのではなく、学生が私語をするのであり、その評価を学生がするのはおかしい。本当に私語が困るならば自分たちで注意し合うべき←大学なのだから)ですが、理解配慮と理解度のスコアが低いのが反省しています。

熱意や興味工夫がスコアが高いだけに…自己満足の授業形式に陥っていないか反省して来年度に望みたいと思います。一年間お付き合い有り難うございました。

私の成績

そう言えば今年度からある大学の非常勤で授業を教えています。

自分の復習にもなりますし、何よりも若い人達の成長を間近で見ていられるのは嬉しいモノです。

上期の講義も終わり単位をつけさせて貰いましたが私にも受講してくれた学生さん達のアンケートの集計という成績表が届きました。

140905_DSC1028

なかなか厳しいものがありますね。下期はもう少し考えたいと思います。