「外出・出張」カテゴリーアーカイブ

イカ釣り(7月)

今月初めは私が庶務幹事を仰せつかっている学会の合宿もあり少し忙しかったです。昨日は分館で報告した様に少し時間が出来たのでまたイカ釣りに行ってきました。

師崎港から出港して1時間30分ほど大王崎沖が釣り場になりました。IMG_20160715_054928新しく買った電動リール

先月に新しくした電動リールの試運転でもあります。やはり約25年ぶりで大幅に性能が良くなっていますし、何よりも静かなモーター音が気に入りました。

新しくしたダイワのシーボーグMT750はネットでの評判も良いのですが 作動モードがPowerとHI Speedがあり、切り替えの時に一時停止してしまいます。今回もこの切り替えの一時停止でだいぶイカをばらしてしまいました。

IMG_20160715_060306 仕掛けはプラヅノ6本直結

水深が230m前後で錘は200号で棚は180mから下が主でした。

IMG_20160715_090810中型のするめイカ

この時期のイカの大きさは30~40cm程度の中型です。8月に入ってお盆が近づくともう一回り大きくなって釣りごたえは良いのですが食べるにには、刺身などでは歯ごたえが硬くなり過ぎて味も薄くなってしまい、煮物などの料理が主体になります。生で食べるならばこの辺りのサイズが一番美味しいですかね?

IMG_20160715_113206船上乾し

前回は沖漬けが主体でしたので今回は船上乾しを主体にしてみました。船の移動中や釣りの合間にイカを開いて中わたを取って洗ってから乾していくので相当忙しい事になります。錘も結構重いハードな釣りですし、全身運動になります。

乾したイカは甘みが増して、そのまま自宅で冷凍しておけば殆ど水分がないので半年は味が変わらないですし、何よりも一枚一枚薄くなるので冷凍庫のスペースを取らないのが良いです。船上乾し20と生イカ30の収穫になりました。

満足です。暫くはイカには困らないと思います。今年のイカ釣りは満足しました。週末はずっと釣り業務を行っています。この時期日焼けには充分に注意しましょう。

6月のイカ釣り Ver.2

別館でまた速報したようにイカ釣りに行っておりました。なかなか難しかったです。釣りは何時でも難しいです。

関東ではあかイカと呼んでおりますし、こちらではまるイカとも呼びます。標準和名はケンザキイカになります。

伊勢志摩の相差から出船して、サミット会場を眺めながら英虞湾を抜けて太平洋にでます。

IMG_20160606_093751大王崎灯台と竿

水深15~25mの釣りになりました。オモリは40号です。前回のスルメイカ釣りが水深180m前後でオモリ200号でしたのでリールも小型にしています。

IMG_20160606_100921仕掛け(これはこの付近では悪い例です)

プラスチック製のもっと小さい方が良いそうです。バリバリの日本海仕様と冷やかされてしまいました。

IMG_20160606_125603釣り直後のイカ達(最後まで生かして持ち帰ります)

折角の命を人間の事情だけで殺めてしまうのですから一番美味しい状態で食べてやりたいと思います。

今回も楽しかったです。後片付けも終わって、今週の釣りの業務も終了しました。このペースで行けば今月はVer.3まで行けますね。冷やかされた仕掛けを持って日本海にでも行ってみようか?

昨日のイカ釣り

昨日は久しぶりにイカを釣ってきました。麦イカと言われる小さめのスルメイカです。少し小さめですが味は一番良い時期かと思います。

IMG_20160531_101512竿とカモメ

なぜこんなにカモメが集まってくるかというと…イカを船の上で捌いて不要な所を海に捨てているからです。

IMG_20160531_102431イカの船上乾し

釣りの合間に身と足だけにしてどんどん干していきます。このイカ釣りはオモリも重いですが一日中休みなくアタフタと動き回るハードな釣りです。

93cff0518034dc71f6c997d863c47cb0さすがに帰りはクタクタで写真が撮れなかったので船宿のHPから転載

160531__0012927船上乾し

完全に乾いているため一年冷凍しておいても殆ど味が変わらないですし、そのまま食べるよりも甘みが強くなります。

160531__0012929そのまま絞めて持ち帰ったイカ

釣りたてのイカは目も白黒がはっきりしていて近くで見ると怖いです(昔近所の子供を怖がらせて泣かせてしまったのは内緒です)。沖漬けも沢山作りましたのでしばらくはイカに困らなさそうです。でも全身筋肉痛です。

訳あって今月は魚釣り強化月間にする予定です。

年度初めの釣り

今年は順調に釣行が出来ています。今日は別館に速報しましたが前回釣った大鰺を食べきってしまいそうなのでホームグラウンドの師崎から出船です。

160406_0012907釣果(あやめカサゴ3枚)

今日は大潮の初日でした。神島で5時30分満潮で11時31分干潮での釣りでした。潮の流れは場所によって変わりますが当然狙いは潮が満潮から一番動く釣り開始直後の7時30分位と終了間際の干潮からまた潮が動き出す13時直前でした。

IMG_20160406_102828水深300m,重り200号(天気快晴)

最初の時合いをしくじってしまったので後半まで緊張感が持続しなかったです。後半の時合いは深海釣りで忌み嫌われるカラス鮫(食べても美味しくないし、トゲに毒を持っていて、何かあるとそれを刺すように攻撃してくる)が最初に釣れだして、一番良い時間が釣りにならなかったです。

私の好きな潮の流れは朝出る場合には10時位に満潮を向かえ、朝一番とお昼位にまた帰りに潮が動くパターンです。今回はこれと違い、大潮を頼みにしたのですが、今日はあまり潮が流れなかったです。まだまだ経験が足りないです。

本命の赤ムツはぜろとなりました。上手な人で2枚位です。

IMG_20160406_142029帰港途中の伊勢湾マーチス(伊良湖水道;天気が曇り始め)

無事に帰れればそれで良いですし、カサゴと言っても自分で殺めたので一番美味しく食べてやろうと思います。

しかし平日行くとやはり釣りが好きで上手な人の釣りの手腕を見る事が出来ますので本当に参考になります。

週末の釣り

週末は釣りに行ってきました(罰当たりな事を相変わらずしています)。

冬の終わり恒例の大鰺釣りにしてみました。大体一人なのですが今回は大学で仲良くしていた学生さんとそのOBと3名でした。

釣果はと言えば40cmクラスが6枚,30cmクラスが11枚となりました。暫くアジには困らないですね。

160312_0012889大漁でした(真ん中の20cm級,上が40cm級,下が30cm級)

船は国崎の勝丸にしました。国崎は昨年のアジ,イサキから相性が良いです。11時過ぎ出航で18時過ぎに帰港となりました。潮汐は大潮から小潮に落ちていく際の中潮の1日目です。

食いが立った時間帯は干潮から塩が動き始める14時過ぎと満潮で塩が止まる前の17時前後です。定石道理ですね。後半は風も強くそして塩と流れが逆で釣り難く、相当バラしてしまいました。但しタナは煩かったです。

img40_2勝丸のHPから(また目が映らない様に一工夫です)

満足しました。そろそろ東北に釣りに行ってお金を使ってきたいです。

海から眺めた名古屋港

別館には画像投稿をしましたが昨日は操船練習で伊勢湾に行って来ました。GPSを使って名古屋市内→セントレア沖→三重河芸→四日市沖→名古屋市内のコースでした。

160211_0012877海から眺めた名古屋港

名古屋に戻ってくる際の伊勢湾シーバース真横の位置です。週の初めとは違って海も穏やかで操船練習にならない位の良いコンディションでした。

まだまだ経験を積んで勉強する余地がありそうです。

京都往復

今週は半ばから所用もあり数日京都に滞在しておりました。

2701161日目往路(知多半島→新名神高速道路経由→京都駅→京都大学吉田キャンパス)

280116京都大学桂キャンパスから京都市内(少しパケットの受信率が落ちる)

2901163日目復路(名古屋駅→名神高速道路経由→名古屋市内→知多半島)

中部圏と関西圏で車を使って移動する場合には名神でも新名神でも少し滋賀県で受信してくれないエリアがありますが記録を残しておくには充分な精度だと思います。満足です。

160127_0012862京都駅にて

寒かったし雨が多い日の外出となりました。

釣りニュース1月29日号(中部版)に載せて貰いました

今年の初釣りは甘鯛釣りでした。たまたま乗り合わせていた常連の方が釣りニュースに何時も記事を書かれている人でした。昨日の発行の釣りニュースに…

CCI20160125記事にして掲載して貰いました

魚嫌いの親友猫も甘鯛はアラを喜んで食べてくれました。学会誌に論文投稿して受理された時の次位(同じ位と書くと叱られますね)に満足です。今年はより精進します。

 

初釣り

遅ればせながら恭賀新年

初釣りは少し趣向を変えて浜名湖から出船してみました。やはり年齢と共に段々保守的になるので今年は最初は全く未経験の釣りから始めてみました。

160109_0012858甘鯛2枚

全く経験の無い場所で初めての甘鯛釣りで勝手が解らず苦労しましたがどうにか2枚釣れました(1kgと800g)。

評判通りなかなか美味しかったです。現在西京焼きの準備中です。

スクリーンショット 2016-01-10 5.29.48APRS を使った経路図

往路 知多半島道路→伊勢湾岸道→東名高速→浜名湖新居港(1時間57分),復路 新居港→国道1号→国道23号→知多海底トンネル(2時間30分) APRSを使えば愛知県内はほぼ三ヶ根山周辺を除いてトレースできるようです。

スマートビーコンで運用しているとある程度以上の大きな変針(変角)があった時だけ短い時間間隔で情報ビーコンが出るので見やすくで便利です。

海と船に感謝です。そして無事之名馬 今年も宜敷く御願いします。

釣り船(わし丸)

今年最後の釣り

遊漁船に乗ってきました。師崎から出船の松下丸です。今年最後の釣りになると思います。

151214_0012842黒鯛(40cm約2kg)

151214_0012843真鯛(60cm約3.5kg)

真鯛は自己最高記録更新ですが青物を2枚(ハリス切れ)と鯛?を1枚バラしています。まだまだ反省する所がありますし、釣りは本当に奥が深いです。

取り敢えず正月用の鯛は確保できましたがもっと精進します。

遊漁船業務主任者講習

誕生日週間でもあり無線の国家試験を受けたり講習を受けたりしておりました。

最後の金曜日は半日で遊漁船業務主任者になるための講習を受けてきました。

151212_0012838講習の修了証(携帯用)

簡単に言うと客を船に乗せて船釣りなど(法律では遊漁船と言います)を営むために必要な資格の講習を受けてきました。

他の皆さんは日焼けして立派な漁師の方々でどう見ても私だけが場違いな印象でした。でも何時もはお世話になっている釣り宿に資格ですので興味を持って勉強する事が出来ました。面白かったです。

釣りや操船の技術ではなく、乗客の安全と利益を確保する事そして漁業資源を枯渇させない事が講習の柱でした。面白かったです。また視野が広がりました。

滋賀県往復(APRS)

少し滋賀県に用件があったので車で往復してみました。

アウトランダーPHEVにもAPRS機能のある無線機を取り付けています。

151113IMG_20151113_141756FTM-100D

本体は椅子の下そしてコントローラをダッシュボードの下に取り付けました。視線移動量は多いですがダッシュボード上に取り付けるのは盗難などのリスクが増えますし、運転中にも見つめてしまうので嫌いです。

釣り下げる取り付ける方をしたので収納場所は減らなかったですし、煩くなく取り付けられました。100Vが手元にあるのですが当然12Vをバッテリーから引き出さなくてはならず、使っていない時には暗電流を流さないためにシガープラグからリレーの電源を貰う配線にしましたがゴチャゴチャせずに纏まりました(結構時間がかかりました…もうカーナビの取り付け料金が高いなどとは言いません。結構苦労しました)。

兄貴分の2バンドを同時に聞けるFTM-400Dもマイナーチェンジをする様ですが弟分のFTM-100Dは前評判道理GPSの感度はとても良くこの位置でもすぐに位置を割り出してくれました。満足です。

局の免許も変更申請が許可になりましたし、無線局免許証票も無線機に貼り付けたので移動しながら電波を出してみました。

その結果は

101315綺麗にルートがネット上にリアルタイムで記録として残ります

愛知県三重県はスマートビーコンのお陰もあって完全にルートをトレースできている印象です。北海道旅行や(9月)や岡山や岐阜旅行(8月)でこれをやりたかったですがとても残念です。

往路草津の辺りから目的地付近まで記録が残らないのは違法無線局の混信です。APRSが使う周波数帯は総務省から決められた広帯域デジタル用の使用区分ですし、識別符号(コールサイン)もつけずにアマチュア業務以外のことを繰り返し話していました。こちらにも電波法59条に秘密の保護義務がありますのでこれ以上は書けないですが酷いものでした。電波法80条2項には総務大臣宛に違法局の報告の義務(権利ではなく義務です)がありますので総合通信局に報告しておきます。

巨大掲示板のAPRSスレッドにも何回も書かれていますが、私も前回は違法局がイヤで関東エリアで閉局したのですが、人間はやはりあまり進化していない様です。テクノロジーが進歩したらその分だけ人間も進歩しないとその責任が取れませんよね。

トランシバーを持って行った先週の釣り

FaceBookには書きましたがトランシーバーを持って石鏡から海に出てみました。結果は殆どビーコンを受信して貰えませんでした。

やはりハンディー機では少し厳しいかと…期待していたのですが神島から外に出てしまうと他のビーコンも受信できませんでした。国際マリンVHFは入っておりましたが残念でした。

そしてVX-8DはGPSが常時測位しているためか両バンド受信して3分間に一回の送信を2.5Wの出力すると電池も4.5時間ほどでなくなりました(ここは結構満足しています)。

前日の雨でコンディションは良くなかったのですが釣りは満足です。

151103_0012810ヒラメ,鯛,ハマチ,フグ各1枚

次は知多半島から出航してみます。

 

 

小型船舶の安全講習

先週は思う所があって一日小型船舶の安全講習を名古屋市内で受講していました。

IMG_20151021_120706名古屋港のすぐそばでした

安全講習なので船の操船技術に関係する話題は殆ど無く、安全に関する内容が大半です。

救命胴衣の使い方から始まって、怪我の時の応急処置や心肺停止状態での人工呼吸そして船舶火災の際の消火方法と万が一遭難した際の心構えなどを一日講習を聞いていました。

CCI20151025鈍った身にはなかなかハードでした

すると小型船舶の免許に特定という文字が入ります。

CCI20151025_0001前の免許は穴が空けられて無効に

船舶職員及び小型船舶操縦者法によると

第三章 小型船舶操縦者
第一節 小型船舶操縦士の免許及び小型船舶操縦士国家試験
(小型船舶操縦士の免許)
第二十三条の二  小型船舶操縦者になろうとする者は、小型船舶操縦士の免許(以下「操縦免許」という。)を受けなければならない。
2  操縦免許は、国土交通大臣が行う小型船舶操縦士国家試験(以下「操縦試験」という。)に合格した者(次条第一項第一号又は第二号に掲げる資格に係る操縦免許(国土交通省令で定める旅客の輸送の用に供する小型船舶の小型船舶操縦者になろうとする者に対する操縦免許に限る。以下「特定操縦免許」という。)にあつては、操縦試験に合格し、かつ、第四条第二項の講習の課程のうち小型船舶操縦者としての業務を行うに当たり必要なものとして国土交通大臣が定めるもの(以下この項において「小型旅客安全講習課程」という。)を修了した者又はその受けようとする特定操縦免許と同一の資格の操縦免許を既に有し、かつ、小型旅客安全講習課程を修了した者)について行う。

との事でどうにか他人様を乗せる資格が手に入りました。しかしこの講習を受講しても殆ど操船の技量が向上したり、海の知識が良く解った事にはなっていないのでより精進したいと思います。

 しかしAEDの使い方や低体温症からの救急法から始まった最近の救命救難はだいぶ勉強になりました。

船の操船練習とAPRSの初運用

Facebookでは投稿が見難いとのコメントがどこからともなく有りましたので明記しておきます。この投稿は本館(自宅サーバー)にしたものが自動的に Facebookにも反映されています。Facebookで読み難い方は一番下のリンクから本館(tooota.dyndns.org)側へお越し下さ い。

少し時間があったのでVX-8Dを持って三重県へ行ってきました。APRSを屋外で実際に運用してみます。

名古屋から近鉄に乗り換えて弥富駅付近から、こちらの電波を拾って貰う事が出来ました。

151019_0012801近鉄千里駅到着

ここから徒歩でマリーナ河芸まで行き、一日操船の練習をしていました。

151019_0012803お昼休み中

小型の船舶であっても思っていた以上に離岸と接岸は難しかったです。

APRS_20151019APRSで残した移動経路

4km離れたデジピーターが何時も電波を拾ってくれていました。後でイメージを復習するためにも解りやすく感謝です。もう少し電波の発射のタイミングを考えて帯域が混雑しない範囲でもう少し緻密な情報を残す事を考えてみたいと思っています。

開けた場所なので電波も良く飛んでおり、VHFの電波なのですが3エリア(関西)や7エリア(東北)の固定局のデジピータが受信できていました。自宅のアンテナよりも遠くからの電波が聞こえる印象です。

151020_0012804安全の観点からも助かります

次回はもう少し沖の海に出て実力を試したいと思います。

久しぶりの渓流での釣り

9月は北海道に行っていましたがじっくり釣りが出来ませんでした。

150927_0012791考える所があって管理釣り場ですが渓流釣りに

神越渓谷でニジマスを釣ってきました。魚を放流してくれるのですが、なかなか手強かったです。

150927_0012790一般の釣り人用

放流後に魚が積極的に餌を追いかけるのは長くて30分とか…その後は餌を変えてじっくり釣らないと難しいです。

150927_0012786家族・団体用エリア

こちらは囲いも小さく最後には全部の魚が網で掬えます。

150927_0012789結構大きかった

まぁ放流してくれた以上の魚は釣れたので満足です。今週はこれを北海道に行く前に塩漬けにした豚バラ肉同様に燻製にしてみます。

 

小型船舶操縦免許到着

待っていた小型船舶操縦免許が到着しました。

070101_DSC1373特に何か予定があるわけではないのですが…

先月50歳になった記念に一級を取得してみました。ずいぶん昔と変わって免許システムも一級.二級と水上オートバイ用の特殊だけのシンプルな体型になったモノです。

次はアマチュア無線関係の免許の復活と海上用の無線に関する免許を取ってみたいと思います。

戻ってきました

遊び呆けていた北海道から戻りました。

150904_DSC1296往路(苫小牧を望む)

070101_DSC1372北海道大学(化学工学会)

カーフェリー(新潟→苫小牧)で自家用車を持ち込み主に道東を中心に見てきました。

帰りは小樽→舞鶴の航路を選択しました。休日の関係もあり自動車は満席で1階甲板(2階に入って地下におりるイメージです)でした。

 

Loading the player...

暫く待たされて1F甲板も下船

おもちゃ箱の中に入れたミニカーの様にびっしり積み込まれていました。

Loading the player...

スロープを上って船外に

全日程事故も無く、風邪もひかずそして勉強仲間に会えて良かったです。無事之名馬

 

北海道にて4日目(屈斜路湖から網走,北見そして名寄へ)

今日は屈斜路湖を早めに出発します。

150907_DSC1329美幌峠

釧路側からオホーツク側に移動する峠ですが天気が悪く、霧も出ており、屈斜路湖が全く見えませんでした。早速移動してオホーツク海を網走まで見に行く事にしました。オホーツク海側はとても天気が良かったです。

150907_DSC1330能取岬

網走に入り、市街地を抜けて能取岬に着きました。あまりにも綺麗だったので車を降りる時間も惜しんでカメラに収めました。

150907_DSC1332岬で放牧されている牛たち

ずっと見ていたかったのですが予定もあり、次の目的地へ急ぎます。次は北見を経由して士別地方に向かいます。

北見では見たくなった牧場があります。

150907_DSC1333北きつね牧場

夕張街道であった北きつねの姿が忘れられずに北きつね牧場を訪ねてみました。

150907_DSC1345こぎつねハウス

やっぱり数日前にバックミラーできつねを見ていたら草むらを動いていたのは子狐だった様です。

150907_DSC1347全くやる気を感じない狐150907_DSC1337その2

先日夕張街道で見た野生の北狐とどっちが幸せなのでしょうか?

150907_DSC1340やっと起きた!

150907_DSC1343君きつね?

一匹だけ柄の違い、体型も丸々した狐?が混じっていました。どうしても私には狸に見えます。

北きつね牧場を後にして国道39号線を上川まで走り、道央自動車道路に入り、北上します。終点まで走り、更に北上して名寄まで来ました。ここは冬の最低気温と夏の最高気温差がとても大きな場所です。今日は326Km走りました。満足です。

 

北海道にて3日目(富良野から屈斜路湖)

富良野を早めに出発しました。南富良野を通って道東自動車道路を使い東に移動します。

帯広で給油をして一休みしました。ここまでの走行距離は413kmで給油量が29.7Lでしたので13.9Km/Lでした。高速走行が多い北海道でこの値ならば満足です。道東道を終点まで走ってみました。

150906_DSC1320道の駅足寄

お約束というか松山千春の歌が繰り返し流れていました。更に東を目指して走ります。

150906_DSC1321阿寒湖

少し寒くなってきましたが綺麗な場所です。更に奥に進みます。

150906_DSC1324屈斜路湖

150906_DSC1327湖畔にて

天気は良くないですが水はすごく綺麗な場所です。今日は425km走りました。屈斜路湖畔で一泊しています。