久しぶりの東京出張

今年もいよいよ折り返しです(写真はGR Digital II)。

 暫くは知多半島に引きこもっておりましたが昨日から東京に出張してみました。

_0010664090629

昨日の駅弁

_0010665090629

中をあけてみると

 実は炊き込みご飯が好きです。折角の機会なので「ひかり」を使いました。

_0010666090629

車窓から

 ひかりなので豊橋駅を停車します。新幹線の中で考え事をしていると誰にも邪魔されないので捗ります。

_0010671090629

車窓から眺める富士山

 雪も減っていよいよ盛夏です。

 定刻に東京駅に到着し、中央線に乗り換えてお茶の水駅に到着しました。

_0010672090629

学生の街

 お茶の水は学生の街・本の町でしたが近年は大きく変わったような気がします。バブルの地価高騰で大学は郊外に移転してしまいましたし、本屋もネット社会に移行した結果激減した様です。変わらないのは楽器の町だけだと思います。

_0010673090629

変わらない店

 私の学生時代から変わらない店です。そして今日の仕事はこちらでです。

_0010674090629

日本化学会会館

 最近自分の専攻が化学であることを忘れていました。

バラの手入れ(6月最後)

休日の最後はバラの手入れです(写真はGR Dgital II)。

 バラに取っても厳しい盛夏が近づいてきました。梅雨とは思えない気候ですがやはり雨のためか早めに農薬の効きが悪くなりますし、一番バラの虫や病気が流行りやすい季節でもあります。

 先ずは夏の基肥から入れます。地面を少し掘り起こして貝殻石灰と油かす,籾殻燻炭と牛糞堆肥を等量入れます。バラ一本に対してスコップ一杯を目安にします。併せてこの中に数gのリン酸肥料を混ぜて土を被して終わりです。

 その後に草を丁寧に抜いて、バーグチップでマルチをしてやります。バラにはマルチが極めて有効です。特にこの時期の基肥を入れた後は窒素分が多いためか、雨が起こす地面からの跳ね返りで黒点病等が発生しやすいです。この跳ね返りを防いだり、他の草の発芽を抑制してくれます。

_0010663_090628

新しくマルチをした直後

 最後に農薬をかけて終わりです。今回はアブラムシも発生していたので耐性が出来てしまうのがイヤなのでオルトラン剤とMEP剤を併用しました。併せてうどんこ病と黒点病の予防にダコニールを使いました。

トマトの手入れと挿し木でミニトマトの苗作り

6月最後にトマトの手入れをしています(写真はGR Digital II)。

 トマトは南アメリカ原産と聞いています。日本に入ってくると日本人特有の凝り性で様々な品種改良や一本仕立てにして実を大きくして、水やりを工夫して味を良くするなど様々な改善・改良が進みました。

 この時期に一本仕立てのトマトは成長が進み1.5mを越えますので私の所も芯を摘んで幹の生長を止めて実を大きくして順次収穫します。

 同時にミニトマトも育てています。

_0010659_090628

手前ミニトマト 奥トマト

 ミニトマトの方が成長が早く下の方は食べられる位に熟しています。私の所ではこの時期のミニトマトはむしろ盛夏以降の苗作りのために一本だけ育てています。

 途中から2本仕立てでも大きくなったミニトマトも下からまた新しい幹が出てきたので大玉トマト同様に上の芯を止めて取り木をしました。

_0010660_090628

取り木したミニトマト

 やり方は至ってシンプルで摘んだ芯を生分解性のポットに赤玉を入れて差し込んでおくだけです。日陰で水を切らさない様に2週間ほど育てると根が生えてきますので次はポリポットに入れてやるだけです。

 大切な事は生分解性のポットで育てるときには純粋な水だけをやる事です。汚れた水や入れた水が腐っているとすぐ痛めてしまいますし、液肥も同様に負担になります。また取り木をする際にはさみなどでは無く手でちぎるか切った枝を軽く押しつぶしておくと根が出やすいようです。

_0010662_090628

8本作りました

 自然とは正直なものでこの暑い時期はどんどん萎れて来ます。手早く作業を進めてすぐに水をやります。

 ミニトマトは大玉トマトに比べて生長も早いですし、寒さにも強いです。7月下旬までポットで育てて畑に入れてやると私の所では9月から11月(暖かい年は12月中旬)まで新鮮なトマトが収穫できます。

 私もやっぱり凝り性ですね。でも楽しみにしています。

6月も終わりです

今週で6月も終わりいよいよ7月になります(写真はGR DIGITAL II)。

 知多半島では梅雨が終わってしまったのではないかと思わせる日照りです。

_0010654_090627

サツマイモの茎

 日中には可哀想な位に萎れていたサツマイモの茎も最近は活着した様で昼間も元気になり、成長を始めましたので一度目の土寄せをしました。殆ど肥料をやらずに土寄せだけをして秋の収穫までに地面に残った肥料分を吸い取って貰います。

_0010655_090627

芝生

 心配していた芝生も数回の雨で元気を取り戻してくれました。まだ夜露が残った時間で難儀しましたが相当短く刈り込みを行いました。刈りかすはマルチに使って他の草が伸びるのを抑制したり、サツマイモの周りに鋤込んでやる事で地面の通気性が良くなるので大きな芋を作るには便利です。

_0010656_090627

ごうや

 ごうやも実を着け始めました。午後には水をたっぷりやって肥料を入れたいと思います。ごうやもこれまた暑さに強い野菜でオクラ同様に盛夏に重宝します。

_0010658_090627

ごうやの花

 小さいですがオクラ同様に花も綺麗なものを着けてくれます。

 流石にこの季節の作業は骨が折れますが植物たちは正直で努力しただけの事は恩返ししてくれます。明日も晴れたらバラ達の手入れをしたいと思います。

追伸 サーバーの仮想計算機機能を使ってwindows7をインストールしています。少しレスポンスが悪くなっていますが許して下さい。

トウモロコシの収穫

私の所でも昨日からトウモロコシの収穫が始まりました(写真はGR DIGTAL II )。

_0010650_090625

形は良くないです

 トウモロコシは収穫してから早く食べるほど甘みがあって美味しいようです。曰くトウモロコシはお湯を沸かしてから取りに行けだそうです。せっかちな日本人にはあっている様な気がします。

 形は悪いですが甘みもありますので毎日一本ずつ収穫して楽しみたいと思います。

_0010653_090626

ごちそうさまでした

 残りは親友猫が丁寧に嘗めてくれます。

梅雨の猫たち

知多半島でも朝から雨が降り始め少し梅雨らしくなってきました(写真はα700 Distagon 25mmF2.8)。

 私の所の猫たちも涼しいところを探し始めました。

_dsc0354_090621

親友猫熟睡中

 「急に蒸し暑くなってたまらないよ!」と言っている感じです。

_dsc0359_090621

次男猫「また傍でシャッターをきって・・・・」

起こしてしまいました。

_dsc0362_090621

「うるさいな・・・もうあっちへ行くよ」

との事でした。

 みんな少し堪えている様です。でも雨が少なくて渇水では困りものです。これから少し蒸し暑くなりそうです。躰に気をつけて夏を過ごしたいと思います。

今週の畑

今週は畑にオクラを植え付けました(写真はGR DIGITAL II)。

 オクラはハイビスカス科の野菜だそうです。

_0010649_090617

オクラの苗の植え付け直後

 去年のエントリーにも書きましたが花も綺麗です。そして盛夏の8月の下旬はトマトも終わり、ナスも更新剪定で収穫が無くなる時期です。そして人間も一番バテてくる時期です。その頃に盛りを迎える野菜です。

 去年からのタマネギは苗を失敗したためギリギリまで収穫を我慢したので、オクラの植え付けが遅れてしまいました。苗を手に入れるのも苦労しました。

 運良く別の農協で最後の苗が売り出されていました。少し肥料を多めに入れて大切に育てていきたいと思います。

盛夏の足音

私の所にも盛夏の足音が聞こえて来ました(写真はバラバラに書きます)。

 早朝畑に出てみると

_0010647_090616

ミニトマト

_0010648_090616

トマト

 いよいよ夏の果菜が収穫できる様になってきました(ここまではGR Digital II)。一方池には

_dsc0352_090616

姫睡蓮

が咲きました(α700 Distagon 25mmF2.8)。

 どちらも夏のものです。黙っていても季節は巡っていきます。季節の足音は何時でも駆け足の様です。

Scientific Linux 稼働

サーバーに二つ目のOSをインストールが終わりました(写真はなしです)。

 私の所ではサーバーを24時間動かしております。このブログもCentOS上で運用しております。サーバーを手元におけばデータ消失や停電のリスクは全て自己責任にありますがホスティングやレンタルサーバーに比べて柔軟で容量も大きいので色々な使い方が楽しめます。

 その楽しみを一層加速してくれるのが仮想化だと思います。自由度が高いだけについ無理を仕勝ちですのでその結果としてソフトウェア障害によるサーバー不調やハードに負担をかけてサーバーをとめてしまう事も多いです(人付き合いの悪い私にもサーバーが停止しているとすぐに安否を確認してくれる人達が沢山います)。

 それを予め検証するために仮想化したOSをもう一つ準備しておくのはとても良い方法かと思います。私の場合にはその目的もありますがもう一つは仕事用の計算サーバーとしても使いたかったです(最近自分が研究者・技術者という事を忘れかけていました)。

 追加するOSとしてはScientific Linuxを選びました。

0607-1

仮想化してインストール開始画面

 こちらもRedHatのクローン系ですが研究用にチューニングされているとの事です。CentOSを2台インストールして壁紙を代えておけば良いのですが(そうです一回は同じOSを二つ入れた結果取り違いして少し苦労しました)やはり研究業務や計算クラスター向けにチューニングしてあるのは楽しみでした。

0607-2

モジュール展開中

 でも・・・ やはり・・・ RedHatのクローン系ですので全く同じイメージで進みます。モジュールの展開中に表れる写真は未来やテクノロジーを示唆しているものですが全く同じ進み方です。

 今回は仮想CPUを二つ、割り当てメモリーを4GBでHDDを100GB用意しましたがあっけなく完了しました。良い事です。使い味はというとこれまた全く同じです。フェルミ研究所ということでGnome上での壁紙やインストール場面の随所に原子模型が出てくるのが気に入りました。

 本当に便利になりました。暫くはこの上でFortran95を動かして勉強してみたいと思います。Fortran95は私が現役だった頃の77レベルと違って相当に考え方が変わったと聞いています。何時までも好奇心だけはなくしたくないものです。

6月の芝生

日曜日は植物の世話に余念がありませんでした(写真はα700 Distagon 25mm F2.8)。

 最後の手入れは芝生です。

_dsc0350_090614

手入れの後

 前のエントリーにも書きましたが今年はバラも芝生も手入れの方法を少し変えております。芝生も冬から春には殆ど肥料を入れずに他の草に栄養がまわらない様にして手入れが楽になる様に目論んでいました。

 その代わり除草剤を使ったら結構大きなダメージで心配しておりました。しかしその後に雨などで持ち直してくれた様です。ここからは芝刈りと肥料そして水をかかさずに丁寧に育てていきたいと思います。

 先ずは満足しました。隣の芝生は良く見えますが自分の芝生もそれなりに良くしておきたいと思います。

FFmpegのインストール

自宅サーバーは順調に稼働しています(今回は写真はなしです)。

 折角の24時間稼働ですので動画ファイルのエンコードをデスクトップで使用しているwindowsマシンからこちらのサーバーに移管してみました。

参考にさせていただいたURL

おはよう。目覚めは眩しくて、悲しい…

Vine Linux への FFmpeg インストールと、使い方(2007年11月Ver)

 久しぶりのtarボールから解凍して./configure makeと腕まくりをしていたのですが・・・・

OGGコーデックは予感がしてyumを調べてみると予め

Package 2:libogg-1.1.3-3.el5.x86_64 already installed and latest version
Package 2:libogg-1.1.3-3.el5.i386 already installed and latest version
Package 2:libogg-devel-1.1.3-3.el5.x86_64 already installed and latest version
Package 2:libogg-devel-1.1.3-3.el5.i386 already installed and latest version
Nothing to do

寂しいです・・・・

FFmpeg本体も

Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
 * extras: www.ftp.ne.jp
 * rpmforge: fr2.rpmfind.net
 * base: www.ftp.ne.jp
 * updates: www.ftp.ne.jp
 * addons: www.ftp.ne.jp
Setting up Install Process
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
–> Running transaction check
—> Package ffmpeg.x86_64 0:0.4.9-0.9.20070530.el5.rf set to be updated
–> Processing Dependency: a52dec for package: ffmpeg
–> Processing Dependency: libgsm.so.1()(64bit) for package: ffmpeg
–> Processing Dependency: libfaad.so.0()(64bit) for package: ffmpeg
–> Processing Dependency: libx264.so.55()(64bit) for package: ffmpeg
–> Processing Dependency: libfaac.so.0()(64bit) for package: ffmpeg
–> Processing Dependency: libImlib2.so.1()(64bit) for package: ffmpeg
–> Processing Dependency: libmp3lame.so.0()(64bit) for package: ffmpeg
–> Running transaction check
—> Package gsm.x86_64 0:1.0.12-1.el5.rf set to be updated
—> Package faac.x86_64 0:1.26-1.el5.rf set to be updated
—> Package imlib2.x86_64 0:1.4.0-1.el5.rf set to be updated
–> Processing Dependency: libgif.so.4()(64bit) for package: imlib2
–> Processing Dependency: libid3tag.so.0()(64bit) for package: imlib2
—> Package x264.x86_64 0:0.0.0-0.4.20070529.el5.rf set to be updated
—> Package faad2.x86_64 0:2.6.1-1.el5.rf set to be updated
—> Package a52dec.x86_64 0:0.7.4-8.el5.rf set to be updated
—> Package lame.x86_64 0:3.98.2-1.el5.rf set to be updated
–> Running transaction check
—> Package libid3tag.x86_64 0:0.15.1b-3.el5.rf set to be updated
—> Package giflib.x86_64 0:4.1.3-7.1.el5_3.1 set to be updated
–> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
 Package        Arch        Version                         Repository     Size
================================================================================
Installing:
 ffmpeg         x86_64      0.4.9-0.9.20070530.el5.rf       rpmforge      5.3 M
Installing for dependencies:
 a52dec         x86_64      0.7.4-8.el5.rf                  rpmforge       82 k
 faac           x86_64      1.26-1.el5.rf                   rpmforge      154 k
 faad2          x86_64      2.6.1-1.el5.rf                  rpmforge      337 k
 giflib         x86_64      4.1.3-7.1.el5_3.1               updates        39 k
 gsm            x86_64      1.0.12-1.el5.rf                 rpmforge       65 k
 imlib2         x86_64      1.4.0-1.el5.rf                  rpmforge      977 k
 lame           x86_64      3.98.2-1.el5.rf                 rpmforge      580 k
 libid3tag      x86_64      0.15.1b-3.el5.rf                rpmforge       78 k
 x264           x86_64      0.0.0-0.4.20070529.el5.rf       rpmforge      773 k

Transaction Summary
================================================================================
Install     10 Package(s)        
Update       0 Package(s)        
Remove       0 Package(s)        

Total download size: 8.3 M

 ほぼ何もせずにインストールが完了しました・・・・バージョンを調べて見ても

ffmpeg -version
FFmpeg version SVN-rUNKNOWN, Copyright (c) 2000-2007 Fabrice Bellard, et al.
  configuration: –prefix=/usr –libdir=/usr/lib64 –mandir=/usr/share/man –incdir=/usr/include/ffmpeg –extra-cflags=-fPIC –enable-libmp3lame –enable-libogg –enable-libvorbis –enable-libogg –enable-libtheora –enable-libfaad –enable-libfaac –enable-libgsm –enable-xvid –enable-x264 –enable-liba52 –enable-liba52bin –enable-pp –enable-shared –enable-pthreads –enable-gpl –disable-strip
  libavutil version: 49.4.0
  libavcodec version: 51.40.4
  libavformat version: 51.12.1
  built on Jun  4 2007 10:46:34, gcc: 4.1.1 20070105 (Red Hat 4.1.1-52)
ffmpeg      SVN-rUNKNOWN
libavutil   3212288
libavcodec  3352580
libavformat 3345409

問題ないようです。確かに楽で便利です。とは言え改めて先人の努力に敬意を表します。

バラの植え替え

前にも書きましたが今年もバラ達は目を楽しませてくれました(写真はGR Digital II)。

 お礼も込めて鉢に植えているバラ達の植え替えをしました。去年までは待ちきれなくて一番花が咲く前に一回り大きな鉢に植え替えをしていました。どうもこれが良くないように感じていました。まだ根が充分に成熟しないうちにストレスをかけていたように感じていました。

 今年は一番花が終わってからの植え替えに挑戦しています。これもまた難しいです。花が咲く頃になると枝も相当に大きくなり、一寸風が吹いただけですぐに鉢が倒れてしまいます。そして枝に対して鉢の容積が小さいのですぐ水切れを起こして萎れて来ます。

 つい可哀想になってしまい早い時期に植え替えをしていましたが今年は忙しくもあり我慢できました。

_0010645_090614

パパーメイアン(やっと安定しました)

 私の所は全て自分でバラ用の土を調整しています。その配合は赤玉土とバーグ堆肥と牛糞堆肥を等量に混ぜます。これ全体に10%の籾殻燻炭と1%のカリ肥料(根の成長を促す)を加えて基本にしています。

 底土には牛糞堆肥を半分に減らして、その代わりに骨リン入り油かすを入れたものを敷いて、根に触らないようにしてから苗鉢を崩さないように植え替えて周りに調整した土を入れます。

_0010646_090614

作った土

 後はバーグのマルチで表面を覆い、化成肥料と油かすを発酵させたぼかし肥料を入れて水をたっぷりやれば終わりです。午後にはうどんこ病と虫対策の消毒をして終わりです。

 梅雨の間も病気にかからず成長してくれる事を期待しています。

表紙写真を更新しました

久しぶりに表紙の写真を更新しました(写真は GR Digital II)。

_0010638_090612

世の中は美しい。それを見る目を持っていればね

聖メリイの鐘Bells of St. Mary’s(1944年 アメリカの映画)

 

 毎回 母親猫と長女(だけど末っ子)猫の写真が続いております。ここここに過去の一言集もあります。ブログの方に一本化しようと思うのですがバックアップなどの複雑さなどを考えると躊躇してしまいます。

 とは言えHTMLの作成で久しぶりに悪戦苦闘しました。でも脳の防腐剤には良かったようです。技術も美しいのですがそれも見る目を持っていないとどうにも苦労だけが先に来るようです。

 

5月のバラ

5月後半はサーバーの入れ替えで殆どブログを更新しておりませんでした。でもバラ達はチャンと咲いてくれていました(写真はα700 レンズは後で書きます)。

 このまま季節が過ぎてしまうのでは申し訳ないのでアップしておきたいと思います。

_dsc0328_090517

_dsc0329_090517

_dsc0331_090517

_dsc0332_090517

_dsc0333_090517

ここまでがMinolta 50mmF2.8マクロ

_dsc0337_090518

_dsc0339_090518

_dsc0341_090518

_dsc0343_090518

_dsc0340_090518

ここまでがコシナZeiss DIstagon 25mmF2.8

 満足しました。梅雨入りしましたが今週末は天気が良さそうなので一回り大きな鉢に植え替えて消毒をしてやるつもりです。

 バラも梅雨で難しいシーズンですが秋を楽しみしております。

休日の過ごし方(Scientific Linuxとツバメ)

前のエントリーにも書きましたが今日は一日畑を面倒見てサーバーの設定をしております(写真はα700 MINOLTA 200mmF2.8)。

 畑の土を耕したためでしょうかミミズなどの生き物を狙って鳥たちが表れます。雀は珍しくないのですが今日はツバメが表れました。 

_dsc0344_090607

まだ小さいです

 ツバメはめったに地面にはおりて来ないのでじっと畑の作業を見つめています。

_dsc0348_090607

一羽になってしまいました

一寸ツバメをwikiで調べて見ると「雀孝行」という説話がありました(全文を引用させて貰います)。

 昔昔、燕と雀は姉妹であった。あるとき親の死に目に際して、雀はなりふり構わず駆けつけたので間に合った。しかし燕は紅をさしたりして着飾っていたので親の死に目に間に合わなかった。以来、神様は親孝行の雀には五穀を食べて暮らせるようにしたが、燕には虫しか食べられないようにした。–『雀孝行』

 結構な書かれようです(そこまでオシャレでもなさそうです)。拡大してみると小さいクセに虫類を主食にしているためかやはりどう猛な顔つきです。この大きさから考えると渡ってきた親鳥が生んだ雛鳥でまだまだ飛ぶ練習中だと思います。

 特に小さい方は電線の上でしばらく鳴き続けた後にやっと離陸していきました。

_dsc0349_090607

覚悟を決めて!

 やっと飛んでいきました。どう猛な顔をしていてもやはり雛は雛です。そしてやはり練習とは大切なようです。

 私も負けないようにサーバーを触っていました。今日はVT上に開発用のLinux環境(Scientific Linux)をインストールしていました。今日は鳥を沢山見て、サーバーでは何時も通りペンギンと戯れた一日になりました。

 詳しくはまた書きます。

6月の畑

 サーバーの再設定も忙しかったですが5-6月は畑も入れ替えの時期で作業が続きました(写真はGR DIGITAL II)。

 始めにタマネギが収穫になりました。

_0010632_090607

随分と不揃いな

 今年(正確には去年の秋から冬)に苗作りを失敗してしまいました。暖かかったために発芽不良と虫に食べられてしまい2週間遅れで再度タネを蒔いたため苗が弱くあまり成長してくれませんでした。この畝は半分に区切ってこの後はオクラをすぐに植えるのと少し休ませて夏にミニトマトを取り木で苗を作り、秋から初冬でミニトマトを収穫したいと思います。

 次に5月初旬に植えたトウモロコシの成長が著しい時期です。

_0010633_090607

穂も出てきました

 6月の1日に穂が出てきました。トウモロコシは肥料を吸う力も強く連作障害の防止には本当に力強い味方です。今日は手前にも作った苗を植えて、地面から余分な栄養や成分を吸い取ってから晩夏に冬用のキャベツ類を植えたいと思います。

 同じようにトマト・ナス・ピーマンも生長が著しいです。

_0010634_090607

一段目のトマト

 今年は個人消費の落ち込みかもしれませんが近くのホームセンターなどで高い接ぎ木苗は少なく、タネを蒔いただけの自根苗が主流な気がしました。自根苗は病気や連作障害にも強いそうです。

_0010635_090607

ミニトマト(夏の取り木用)

 今年は私の畑にも接ぎ木苗は一本ありません。更に欲を出して、トマト・ピーマン・ナスなどにも着果剤(トマトーンなど)を使わずに最小限の農薬だけを使ってみています。一段目から安心して食べたいと思います。

 何度も書いていますが私の所は畝を3本×2カ所作っています。連作障害が怖いのでキャベツやナスを中心とする畝とトマトとソラマメを中心とする畝です。

_0010636_090607

サツマイモの茎

  片方がトウモロコシで地面の余分な成分を吸い取っており、トマトやソラマメの方の畝はサツマイモで吸い取っています。これも今日には植え付けたいと思います。

 そしてトウモロコシの半分には時期をずらしてトウモロコシの苗を植えたいと思います。

_0010637_090607

トウモロコシの苗

 なかなか忙しい時期が続きますが夏野菜は実物が多く、努力した分だけ結果が見えやすいので楽しいです。

新しいサーバーがほぼ完成しました

 新しいサーバーがほぼ立ち上がりました。今回は仮想化ソフト(VMware)を使っています。

 自宅サーバーでそこまでするのはどうかと思いましたし、まだ発達中のものでRAIDが使いにくい等々色々と不満はありますが満足しました。このブログも仮想化ソフト上で動いているOSで作動させています。

 ハードウェアと最初の状況を猫のパソコン設定(1)に書いておきました。

 大きな失敗(1) ブログのデーターを戻すために色々と苦労したのですがソフトやサイト設定が変わっていないのでDBとフォルダーをそのままコピーすれば良かったのですがインポートやエクスポート果てはphpMyAdmin等を振り回して時間をかけてしまいました。

 大きな失敗(2) バラの満開の時期にこの様な事をずっとしておりアップロードするタイミングを無くしてしまいました。