帰国の日に

約一週間の出張が終わりました(写真はGR Digital II)

 最終日の様子を少し書きます。いつもの事ですがやっと時差ぼけもとれた頃に帰国です。

100410__0011007

ホテルの通用口

 ちょっと早起きして朝の散歩をして、最後の荷物を詰めます。

100410__0011001

何時も持ち歩いている万年筆と予備のフィルムに今回のお供をしてくれた車の鍵

100410__0011002

機内持ち込みの鞄をしめておしまい

100410__0011008

 会計を済ませて

 車を安全運転して空港までたどり着きました。

100411__0011010

車を返してアメリカで最後の一服

 また近いうちの戻ってきます。有り難う ツーソン そして アメリカ

アリゾナ州ツーソン周辺の散歩

今日は半日アリゾナ州ツーソンの周辺を散歩してみました(写真は GR Digital II)

 まず始めはPima AIR & SPACE Museum です。

 入館すると最初の目玉は知名度が高いSR-71 と A-10が飛び込んできます。

100410__0010973

入り口と格納庫1番

こちらにSR-71とA-10が展示してあります。

100410__0010974

SR-71(大きさが解る様に人を入れて見ました)

100410__0010976

同じくA-10

  どちらも迫力がありますが中でも

100410__0010977

A-10の30mmGAU-8ガトリング砲

 ものすごい存在感です。wikiのA-10 にも逸話として書いてありますがこれを使うと機体のボルトがゆるむや速度が落ちるという話も実感が沸きます。

100410__0010978

同じく主脚

 私は機械工学の素人ですが殆どのネジや部品が普通の工具で整備可能な様に設計されています。イラク戦争でイラクの戦車を相当数撃破した事も良く解ります。

100410__0010979

SR-71の主脚

 こちらの存在感もすごいですがこちらはA-10が実用品の極地ならば芸術の極致かと思います。この博物館のすごいところは全てが触れる所だと思います。日本ならば展示しても触らせない様に区画を作る事が一般的ですがこちらは殆どが触ったりすることが可能です。

 第一格納庫を出ると正面に見えるのはC-137 ストラトライナー (Stratoliner)の派生タイプです。これは民間機の707を輸送用に改良したものだと記憶しています。

100410__0010980

VC-137

一方奥に目を転じると

100410__0010981

様々なアメリカの陸海空軍機

 本当に色々とあります。ちょっと日本でも漫画などの影響でよく知られていますが配備された例のない機体としては

100410__0010983

A-4

100410__0010984

T-38A

 などがあります。どれも近づいて見る事が出来るので当時の工作精度(意外に悪い)なども知る事が出来ます。

100410__0010985

それにしても眩しいです

 芸術品などと言っていますが実際は工学の極致ですし、実用性能が第一なので多少整備が悪かったりしても性能が安定している事などが大切ですね。

 また他の格納庫には日本やドイツ人には苦いそして歴史的な機体が大切に保存してありました。

100410__0010993

日本海軍に大被害を与えたTBF攻撃機

100410__0010994

同じくB-29

 後ろには日本陸軍の一式戦闘機(隼)が展示してあります。ここは湿度も低くさびも全く発生しない地域です。敵味方隔てなくひっそりと永遠に羽根を休めています。

 この博物館を後にしてパンアメリカンハイウェイでもある国道19号線を使ってメキシコとの国境付近まで行ってきました。

100410__0010998

帰り道にて

 トレーラーが多く物流のすごさを知る事が出来ます。しかし大地は黙って歴史の流れを見ているようです。

100410__0010999

助手席から

[googlemap lat=”32.140862″ lng=”-110.864518″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”11″ type=”G_NORMAL_MAP”]Tucson, AZ[/googlemap]

Pima AIR & SPACE Museumと国道19号線

 結構日焼けしました。これで滞在日程も終わりです。明日日本に戻ります。

サンフランシスコからツーソンへの移動

今日は移動日です(写真は GR Digital II)

 まだホテルのストは続いていますが早めにホテルを引き払いサンフランシスコ国際空港へ

 こちらからロサンゼルス国際空港を経由してアリゾナ州ツーソンに移動します。サンフランシスコは緯度も結構高い所にありますが海洋性気候なので温暖ですがロサンゼルスになると大陸性気候になります。ここでは一時間の乗り換えです。

100408__0010961

コンコースにて

 やはり飛行機の関連の展示が多いです。そして広告もPOPなものになります。

100409__0010963

CAFEの広告

 サンフランシスコからロサンゼルスまで1時間そして乗り継いで1時間30分ほどでツーソンに到着します。

100409__0010962

乗り換えゲートにて

 アリゾナ州ツーソン(Tucson)はアリゾナ州の東南部にある砂漠のオアシスの街です。OK牧場の決闘で知られる街ですし、鉱山が有名な街でもあります。また世界的に有名な行事としてツーソンショーといわれる宝石・化石の見本市が毎年一月に開かれます(リンクを張らせて頂いたブログは本当に面白いです)。

 本当に自然が豊で雄大な街です。南の街なので気温は高いのですが湿度が低くとても過ごしやすいです。

5d0c23cc5e40e5345dd237cf32493928

ホテルの入り口にて サボテンと青い空

100409__0010969

展示してあった鉱石

 これを見ると4年前に行ったドイツの宝石博物館を思い出します。

100409__0010965

ホテルの窓から

[googlemap lat=”32.330035″ lng=”-110.850986″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”13″ type=”G_NORMAL_MAP”]Tucson, AZ[/googlemap]

 ホテルはここにしました。後は有名な場所で飛行機の墓場があります。

100409__0010972

飛行機の墓場にて

 諸行無常と言ったところです。明日も少し時間があるので回ってみたいと思います。

 本当に空の綺麗ななぜか優しい街です。

平日のサンフランシスコ(2)

今日も学会に行ってきました(写真はGR Digital II)

 朝方ホテルのドアの下から客室支配人からサービスが一時出来ない旨のお断りのレターが入れられていました。あまり良く考えずに従業員の慰安旅行等々と考えていました。またHouseKeepingのリクエストも早めでした。

 外に出るとその理由がすぐにわかりました。

100408__0010950

ストライキ!

 ホテルの従業員達が待遇改善を要求してのストライキをしていました。

100408__0010949

署名の受付とデモ

 一日中隊列を組んでメガホンにあわせてシュプレヒコールです。やはり景気はまだまだ良くないようです。久しぶりにこの様なものを見て驚きましたがやはりアメリカで陰険な雰囲気は全くないです。

 学会への通り道を少し遠回りしてました。その途中に・・・・

100408__0010951

ありましたMAC Store

 景気が悪いアメリカでも光っている企業がMACです。近づいてみるとやはり

100408__0010952

iPad一色です

 買ってしまおうかと思いましたが必死に思いとどまっております。昼休みを利用して少し遊んでみましたがやはり見やすくて良くできています。

 昼ご飯は最近少し重いものばかりでしたので日本食にしてみました。ダウンタウンの日本食屋です。

100408__0010953

ランチスペシャル($13ー)

 この国は湿度が低いためか揚げ物がサクサクと本当においしいです。ランチは揚げ物を2種類選んでこの値段です。これでは私にとっては食べ過ぎです。

 いつ来ても豊なのか貧しいのか本当に解らない魅力ある街です。

サンフランシスコでの夕食

学会も恙なく進んでいます(写真は GR Digital II)

 一段落したので落ち着いて食事でもと街にいます。

100407__0010944

夏時間のおかげで有意義に過ごせます

[googlemap lat=”37.785614008843645″ lng=”-122.40705013275146″ width=”300px” height=”150px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]サンフランシスコ, CA[/googlemap]

 ジャズを聴かせてくれるレストランがありましたので入ってみました。

100407__0010942

100407__0010943

まだ演奏の準備中

 しっかり演奏が始まるまで赤ワインを飲み始めました。ジャズの生演奏も楽しんだ事は言うまでもありません。ニューオリーンズの様なギラギラした才能のぶつかり合いの様な演奏ではなく落ち着いた良いものでした。

100407__0010948

帰り道にて

 時間を有意義に過ごしています。

平日のサンフランシスコ

学会が続いております(写真は GR Dgital II)

100407__0010931

若い人の通勤風景

 私も少し早起きして朝ご飯を食べる事にしました。

100407__0010932

100407__0010933

 日本で言うところのジャンクフードです。こちらに来るとそれなりに楽しめますが毎日となると流石に・・・・です。ホテルに戻る途中に良く見ると

100407__0010934

プリウスだ

 注意してみているとトヨタプリウスのタクシーが結構走っています。やはりトヨタ車は大きなシェアを持っているようです。

100407__0010938

トロリーバス

 こちらも胴体の横にゼロエミッションを誇らしげに書いてあります。

100407__0010935

昼休みのケーブルカー起点

 日曜日とはうって変わって日差しが強くなりました。ゴミ箱にもリサイクルできるものとそれ以外(それでも大味ですね)が設けられており、急に環境にうるさい国になりました。

100407__0010937

平日だ言うのに・・・・

 人の事はいえませんが平日なのに結構観光客がいました。

100407__0010941

ストリートパフォーマンス

 学会に戻ると

100407__0010939

ポスターセッション会場の傍にて

 科学で見える美しい写真展をしていました。なかなかこの辺りは楽しませてくれます。これだけは会場外に設置しても良いと思いました。

 では午後も勉強してきます。

サンフランシスコでの国際会議

こちらでは国際学会(会議)に参加しております(写真はGR Digital II)

100406__0010919

歩いて会場へ

 昨日とはうって変わって天気の良い日になりました。サングラスが必要です。

100406__0010921

会場の傍の公園にて

 今回参加している国際会議はアメリカ材料学会の春の国際会議です。私が若い時から参加させて貰っていた学会です。昔に比べたら内容は本当に変わりました。でも本当に良い学会です。初日は殆ど最新の研究発表ではなくtutorialと称して少し長い時間で新進気鋭の研究者が駆け出しの研究者に集中講義する形式の講演が連続します。

100406__0010922

学会の登録会場

[googlemap lat=”37.782058″ lng=”-122.404761″ width=”300px” height=”150px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]San Francisco, CA[/googlemap]

 場所はサンフランシスコのMOSCONで行われました。発表内容は私の現役時代には材料の強度や構造計算などが主流でしたが今では半導体を始めナノテクそして太陽・燃料電池に関するもの主流です。本当に変わりました。

100406__0010923

100406__0010924

100406__0010925

学会場のプログラム

 私も若かった頃を思い出しながらほんの少しだけ勉強させて貰いました。

100406__0010926

100406__0010927

休み時間にて

 今日は本当に若い研究者の議論が続きます。私の様な中古のエンジニア・サイエンティストにはちょっと寂しい感じです。

100406__0010928

紙(辞書を破って)で作った鳩の模型

100406__0010929

終わった後は昔の仲間と・・・

 やっぱり楽しい街です。

雨のサンフランシスコ

サンフランシスコはHiltonに宿を取りました(写真はGR Digital II)

100405__0010902

100405__0010903

ロビーにて

 やはり自慢げにiPadを使っている人がいました。

[googlemap lat=”37.786097″ lng=”-122.410225″ align=”undefined” width=”300px” height=”150px” zoom=”14″ type=”G_NORMAL_MAP”]San Francisco, CA[/googlemap]

 この辺りはケーブルカーで移動するのがとても便利です。

100405__0010904

雨のサンフランシスコ

100405__0010906

雨のケーブルカー

 ホテルの落ち着いたロビーから一歩外に出ると大雨でした。

 サンフランシスコは昔友人のホームページにある書き込みをした事がある街です。それ以来も何度か立ち寄っていますがこんなにひどい雨は初めてです。

 食事をしていたら晴れてきました。

100405__0010908

折角なのでこれで海に出てみました

100405__0010911

ゴールデンゲートブリッジ

100405__0010912

波止場

 なぜか波止場という言葉がとてもよく似合います。

100405__0010914

蟹の名所

100405__0010913

露天

 寒い日曜日なので少し閑散としていました。

久しぶりの海外出張

久しぶりの海外出張です(写真はGR Digital II)

 暫く事情もあり国内で大人しくしておりました。しかし悪い虫が出始めたのか海外に出張する事にしました。知多半島に拠点があるのですが成田からの出発になります。同時不況以来航空業界も苦しんでおりやも負えない事ですが中部国際空港からのアクセスがとても悪くなりました。

100404__0010889

東京駅のNEX

 成田エキスプレスで東京から行きますが本当に無線LANが充実してきました。NEX内でも成田空港でも一定料金で殆ど使い放題になります。

100404__0010891

A380

 シンガポール航空のA380が停泊中です。広角レンズなので小さく見えるだけですが肉眼では存在感充分です。

 CIQを済ませて制限区域へ

100404__0010897

久しぶりの747-400

 国際線は燃費の良い777以降が大流行ですが海の上を長く飛ぶと時間が短縮しやすい西海岸線では747はまだまだ現役です。好きな飛行機ですので長持ちして欲しいです。

100404__0010895

お気に入りの場所

 日本酒の樽と飛行機が見えるお気に入りの場所です。海外出張で成田を使う際には必ずここで日本食に別れを告げてから出発します。

100404__0010898

機上の人となり

 さすがに777などに比べて装備は古くエコノミー席では液晶ディスプレーもないです。そして西海岸線は海の上だけをえんえんと進みますがそれでも充分です。

100404__0010900

短い夜の明け方(月と翼)

 久しぶりのメールも電話も気にしない時間が続いていきます。

 最初の目的地サンフランシスコに到着しました(日本時間午前3時)。言い尽くされた話ですが日本を夕方出発して9時間の飛行で同じ日の朝方に到着するので時間感覚は完全に狂ってしまいます。

100405__0010901

BERTの駅にて

 サンフランシスコ国際空港から高速鉄道で市街地へ行きます。今日から週の前半はここで過ごします。

 日本同様に肌寒く、曇りです。当然フィルムカメラも持ってきているので天気の良い日があると良いのですか・・・・