猫達の肖像(2010夏)

今年の暑さは猫達にも辛かったようです(写真はFujica ST801 ULTRON 40mm F2.0 KODAK GOLD 400)。

1009_Image01.jpg

長男猫 暑い暑い

1009_Image03.jpg

父親猫 たまらん!どうにかしてくれ!

 中でも一番暑苦しいのは長毛の親友猫です。

1009_Image041.jpg

たまらん(見ている方が暑くなります)

1009_Image051.jpg

むく!(偶にはうごきます)

1009_Image061.jpg

自宅警備員猫(イタチが遊びに来た時です)

1009_Image071.jpg

またすぐにダラダラモードです

1009_Image091.jpg

涼しい所を見つけてやっと寝たと思いましたが・・・・

1009_Image101.jpg

エアコンの催促してはしの上に座ったらとても怒られました

 1009_Image111.jpg

ふて腐れて箱猫中(これだけFUJINON EBC 55mm F1.8)

 でも少しずつ涼しくなって来たようです(箱猫が増えてきました)。私の所の猫達も夏をどうにか乗り切ったようです。まだまだ暑いです。お躰には皆さんも充分御自愛下さい。

 

フィルムカメラが眺めたヨーロッパ2010(2回目)を登録しました

フィルムカメラが眺めたヨーロッパ2010(2回目)を登録しました。

1009_Image16.jpg

ニュルンベルグの市場にて(スズメとトマト)

 今回はα-7 Tamron XR Di 28-75mm F2.8で撮影しました。

 今の時代フィルムは現像にも時間がかかりますし、その後のデジタル化もなかなか大変ですでもそれ以上に何か魅力がある様な気がします。

 最後に私は同じ街を3回は訪れてから好きか嫌いかを決めたいと思います。

またヨーロッパへ(5)デンマークにて

デンマークは小さな街ですが見所は沢山あります(写真はGR Digital II)。

 寒い国だけに公共交通機関が充実しています。

100904__0011289.jpg

ホテルの窓から

[googlemap lat=”55.692003631017954″ lng=”12.586748600006103″ align=”undefined” width=”300px” height=”450px” zoom=”12″ type=”G_NORMAL_MAP”]デンマーク[/googlemap]

 人形姫の像は上海に出張中です。

100904__0011290.jpg

アマリエンボー宮殿

100904__0011291.jpg

ランドタワー

 色々な建物が残っています。小さな街ですが本当にエキゾチックな街です。でも物価はやはり高めですね。

 そろそろ帰ります。

またヨーロッパへ(4)お気に入りの街を抜けてデンマークへ

ニュルンベルグからデンマークに移動しましたがその間お気に入りの街に一泊しました(写真はGR Digital II)。

0011276_100902.jpg

ブレーメン駅

 ニュルンベルグよりも北にありますがブレーメンは明るい街です。ドイツはネーミングが上手です。おとぎ話街道の終点ブレーメンに到着しました。何時も通り旧市街を歩いてみます。

0011278_100903.jpg

旧市街にて

0011280_100903.jpg

新種(白ワイン)を味わう会

 丁度白ワインの新酒のシーズンです。私もこの喧噪に紛れて少し楽しみました。

 たった一泊ですが慌ただしい荷造りも旅人の楽しみです。昨日夕方到着して翌日午前の急行でハンブルグを経由してコペンハーゲンに向かいます。

 ハンブルグからはまた特急コペンハーゲン行きに乗り換えます。このルートは後数年でトンネルに変わりますが今は渡り鳥ルートと呼ばれ連絡船を使います。

0011283_100903.jpg

渡り鳥ルートでデンマークへ

 デンマークが見えてきました。後数時間で長かった3カ国列車の旅も終わります。

またヨーロッパへ(3)初めてのニュルンベルグ

ドイツを出国して既にデンマークに到着しております(写真はGR Digital II)。

 ドイツで滞在したニュルンベルグについて書いておきたいと思います。この街は初めて滞在した所です。こちらも丁寧に整備された綺麗な街です。歴史的には色々な事がありましたが今はひっそりと時間が過ぎていきます。

100901__0011258.jpg

駅前のトラム乗り場

 大きな街ですがドイツの例にもれず歴史的なものを大切にするため旧市街に列車等は走らせずトラムなどが一般的です。

100901__0011259.jpg

旧市街の入り口ケーニヒ門

100901__0011260.jpg

100901__0011263.jpg

少し歩いて中央広場の露天市(旧市庁舎前)

100901__0011264.jpg

天気が良くなりました

100830__0011251.jpg

中央広場手前のムゼウム橋

100830__0011256.jpg

そして一番奥にはカイザーブルク(神聖ローマ皇帝の居城)

 眺めは良いのですが大雨になりました。そして中央広場の少し手前には聖ローレンツ教会があります。

100830__0011249.jpg

教会入り口にて

100830__0011247.jpg

100830__0011246.jpg

ステンドグラス

 熱心に祈っている人もいましたので有名な受胎告知のレリーフを静かに見てきました。

 レンガ色のおもちゃ箱の様な街というあだ名はダテではありませんでした。

 

またヨーロッパへ(2)ウィーンの点描

ウィーンを出発してニュルンベルグについています(写真はGR Digital II)。

 ウィーンは少し肌寒かったですが良い街でした。街の様子を書いておきます。

100828__0011232.jpg

シェーンブルン離宮の噴水

 中央ヨーロッパの様々な歴史を眺めてきた場所です。

100828__0011233.jpgここから眺めた 離宮

 今はただただ綺麗な場所ですし観光客が絶えない場所です。

100828__0011234.jpg

20分ほどかけてグロリエッテへ

 離宮と街並みが全て見下ろせます。

[googlemap lat=”48.18019481516719″ lng=”16.30922555923462″ align=”center” width=”300px” height=”450px” zoom=”15″ type=”G_HYBRID_MAP”]オーストリア[/googlemap]

  奥がベートーベンが住んでいた地域ですし、白ワイン用の葡萄が沢山採れる場所です。私はモーツアルトの方が好きなので国立オペラ座でモーツアルト管弦楽団を聞いていました。

100829__0011240.jpg

 リンクの中心 ケルントナー大通り

 翌日はシュテファン寺院を中心になったリンクの中心を通るケルントナー大通りを見て回ります。様々な歴史的なものがありますし、お買い物も楽しめます。

 でも前回行った自然史博物館と王宮がお勧めですね。

100829__0011241.jpg

アストリアホテル

 昨日見た国立オペラ座の後ろにあるアストリアホテルです。この傍はチョコレートを初めとするお菓子屋が沢山あります。芸術(音楽)と食べ物の都です。

100829__0011242.jpg

ウィーン西駅のICE

 今回もウィーンの滞在を予定通り切り上げて列車でドイツに入ります。飛行機での移動はもったいないのでじっくり街と自然を眺めて行きたいと思います。