フィルムカメラの眺めたヨーロッパ2012を書きました。

フィルムカメラの眺めたヨーロッパ2012を書きました。

先月のヨーロッパ出張は久しぶりにフィルムカメラを持って行きました。

主な装備はカメラ FUJICA ST-701  レンズ ULTRON 40mm F2.0  フィルムKODAK エリートクローム100でした。最後の手持ちのKODAKです(また買い足しましたが)。

ミラノ→チューリッヒ間の窓から

 帰国の途中に乗ったミラノ→チューリッヒ間の飛行機は高翼機でしたので景色も撮影できました。

 もう性能や即時性は無論 そして経済性,安定性もデジタルカメラにはすでに適わないでしょうかフィルムカメラのこくのある発色が好きです。(後半はピクセル等倍で見える様にFLASHを使っていませんので念のため)

久しぶりのヨーロッパ滞在(5)

帰国しておりますがもう少し写真が残っています(写真はS31HT)。

ミラノではあまり時間がありませんでした。

路面電車と自転車

 ミラノの中心街ですが渋滞しています。

[googlemap lat=”45.463938292758094″ lng=”9.18806791305542″ width=”300px” height=”450px” zoom=”17″ type=”G_NORMAL_MAP”]20124 Milan, Italy[/googlemap]

 

ガレリアの中で

同じく

 Louis Vuittonは解りますがマクドナルドは少しやり過ぎなのではないでしょうか?(場所代で味が落ちてしまわないか心配になってきます)

翌日またスイス経由で帰国しましたが今回は上下に移動したので少し体に堪えました。

ミラノマルペンサ空港からみたアルプス

 イタリアは近いうちにじっくり見たいと思います。

久しぶりのヨーロッパ滞在(4)

リヨンをたってミラノに到着しております(写真はS31HT)。

リヨンからミラノまでは列車で移動してみました。朝8時40分発のCHAMBERY CHALLES行き快速に乗って西に向かいます。

一等車の社内

車窓の風景

 段々アルプスに近づいているためかリヨンよりも寒々しい風景です。CHAMBERY CHALLESに定刻で到着しました。ここで一時間の乗り継ぎでTGVでイタリアに向かいます。

ローカル線

 やはりここは乗り継ぎ駅で山間の駅らしくスキー板を持った人も乗車して行きます。予定通りTGVのミラノ行きが入線しました。

TGVがCHAMBERY CHALLESを発車して直ぐの車窓

食堂車で昼食を取りながら

イタリアに入国したようです

 一気に景色が変わりました。このTGVはミラノまで直通で行きますが訳あってトリノで下車します。トリノは愛用の万年筆アウロラの故郷です。駅の外に出たのですが暑かったです。

 本当は少しでも街の雰囲気を知りたかったのですが列車が遅れていたので直ぐにまた快速に乗り換えます。2時間強でミラノに到着しました。

ミラノ中央駅にて

ちょっと疲れました。

今回のモバイル機器(4)

フランスのリヨン付近では全く国際定額ローミングが出来なかったS31HTですがイタリアに入国したらTIと直ぐに接続して、定額ローミングで通信が出来る様になりました。でもブロードバンド依存症の私には非常に遅く感じられます。