雪の米原にて

今年最初の関西出張は京都です。新幹線で移動中に米原に5分間停車となりました。

140122__DSC0920 やはり雪が舞っていました

140122__DSC0919

乗り換える人達

 寒いですが経済も回復している様でビジネスパーソンが大勢乗り換えて行きました。風邪などひきません様にお祈りしています。

親友猫の冬

親友猫が部屋の居候になってしまいました(写真はα700 SAL1680Z)。

140118__DSC0916布団から絶対に出ないよ!

140118__DSC0917シャッターばっかりでうるさいな!

140118__DSC0918目線あげたからまた寝て良いでしょう!

 1枚目に戻る。こうやって毎年冬は親友猫と怠惰な休日を過ごしています。

 お正月の疲れも出る頃だと思います。皆さんも風邪などひかないように毎日を健やかにお過ごし下さい。

今年初めての出張

今年最初の出張は都心になりました(写真はα700 SAL1680Z)。

最近目白の雰囲気が気に入っております。

140110__DSC0898

目白陸橋から池袋方面

寒いですが天気が良くなりました。

140110__DSC0893

目白聖公会

 この様な町並みばかりを想像してしまいそうですが色々な景色が残っております。

 140110__DSC0896

蕎麦屋

 新宿と池袋に挟まれており、色々な風景を見せてくれる街です。

お正月の手入れ(バラと芝生)

毎年恒例ですがこの季節はバラの植え替えと剪定をしております(写真はα700 SAL1680Z)。

鉢植えのバラは植木鉢から取り出し、土を洗って根を切り詰めて、新しい土に植え替えてやります。

140103__DSC0889作業完了後

 土はバーグ堆肥,牛糞堆肥,赤玉土(1:1;1)に籾殻燻炭を10%入れて、溶性燐酸(P)と硫酸カリ(K)そして苦土石灰(Mg,Ca)を加えておいたものを使っています。植え替えと同時に古い枝を根元から切り取り、昨年出た若い枝だけを残しました。若い枝も成る可く根元の新しい芽の直前まで切り落としました。

冬は寒さから手入れが行き届き難く、毎年私も植え替え後に何株かを枯らしてしまうのですが今年は鉢をプラスチックから厚手の駄温鉢(7号)から始めて植え替えて行きたいと思います。その代わり毎日観察できる玄関脇で越冬させてみます。

140103__DSC0890地植のバラ

 地植のバラも周りを掘り返して、元肥を牛糞堆肥スコップ一杯と燐酸入り油かすと籾殻燻炭をシャベル一杯入れて、溶性燐酸(P)と硫酸カリ(K)そして苦土石灰(Mg,Ca)を混ぜて埋め戻しておきました。

 どちらもバーグのマルチをし直し、硫黄石灰合剤(10倍希釈)で消毒して先ずは冬の手入れの最初が終わりました。

 同じ様に芝生も短く刈り込んでスパイクを入れ直して、硫酸カリ(K)そして苦土石灰(Mg,Ca)をいれました。

 昨年も書きましたが知多半島の多くの市町村では条例で野焼きが禁止なのでカリがどうしても不足気味で芝生の成長が悪かったです。今年はこの季節に根切りだけして硫酸カリ肥料を施しておきます。

140103__DSC0884寒そうだね(日向ぼっこ中の長女猫)

 先ずは一回目の手入れが終わりました。

ちょっとテスト中です

IMG_0006テスト更新

恭賀新年

恭賀新年 今年もよろしく御願いします。

 一年ぶりにWordpressの大掃除をしました。だいぶイメージが変わっており、操作にとても違和感があります。だいぶ変わったといえばデジタルカメラがやっと完成しました。IMG_0006本体 α700 フレッシュ HVL-F56AM レンズSAL1680Z

 やっと完全体になりましたが本体の販売開始は7年前です。まだ充分に現役だと思っていますが最近のテクノロジーの進歩はもの凄く早くなっていますね。だからこそ良いと思うものは大切に使いたいです。

また今年もボチボチ書きますのでよろしく御願いします。