ルーフボックス(EA500B)装着

今の車にroof boxを取り付けてみました。

150515__DSC1191 TERZOシンメトリック(横にスノーピークのシールを早速貼りました)

ベースキャリアはヨーロッパのTHULEにしていました。アウトランダー(ルーフレール付き)のフットとベースそしてウイングバーの適合情報が出ていましたので少し前に衝動買いをしておりました…

THULEの方が取り付け方法などは洗練されており、悩んだのですが本体だけは日本製のTERZOシンメトリック(EA500B)にしました。

そしてお約束の大きな段ボールで配達されて、暫くは玄関先に放置しておりました。昨日時間が出来たのでワックスを厚めに塗ってから取り付け、一人で2時間ほど結構苦労しました(筋肉痛)。

TERZOのシンメトリックに限らずローライダーシリーズもTERZOのバーにあった取り付け金具しか標準でついていないのでTHULEのウイングバーに合わせるには別にマルチクランプを購入する必要があります。マルチクランプは鍵が掛けられずに、盗難にも弱くなりますが今の時点ではウイングバーにしっかり噛み付いてくれがたつきなどは無いです(満足)。

一つのブランドで統一するのに較べ、自己責任の範囲が多くなり、想定する事も多く、手間もかかり、値段もより高価になるのですが、総合的に装着高さ(車本体+80mm;バー高さ+270mm;BOX高さ),容量(320L)そして希少性(まだ街中でみたことがないです)を考えてこれの組み合わせに…満足しておりますが、取り付けで相当疲れました。

150515__DSC1192ずらして装着

シンメトリックは両開きではないですがどちらの向きにも取り付けられますので助手席側から開くことにして、ずらして装着してみました。私は身長が低い方ではないのですが踏み台(350mm)を使っても奥に手が届かず…

取り敢えずは荷物室に置いていた寝袋,マットなどを入れてしまいすっきりです。釣りに行く際の釣り竿やフローティングジャケットなども濡れたまま帰ってこれますので満足しています。

でも滅多なことでは取り外さないでしょうね。ずらした結果の運転の様子(低速では問題なし)と燃費の落ち方はこれから少し調べて見ます。

 

バラの開花(2015年)

毎年載せていますが今年もバラが開花し始めました。写真はα700 MINOLTA F1.4 85mm

 150510__DSC1182150510__DSC1180ピエールドロンサール

150510__DSC1181赤富士

150510__DSC1183ミニバラ

 久しぶりにMINOLTAの銘レンズ85mmF1.4を取り付けてみました。やはり抜けが良いですがつい解放付近で使ってしまいぼけすぎです。バラの季節が終わったら200mmF2.8,50mmF2.8Macroと一緒にクリーニングに出す予定です。

 

ランタンを買いました

GWは大人しくしているつもりだったのですが一つまた散財をしてしまいました。

ランタンを買ってしまいました。ガソリンランタンです。

150505__DSC1172 コールマン286A(定番です)

150505__DSC1178点灯中(露出が難しい…)

夏には仲良くしている(遊んで貰っている)名城大学の学生さん達と山でも行ってみる(連れてって貰う)つもりです。

ゴールデンウィークのばら

流石にゴールデンウィークはノンビリ過ごしてします。

150505__DSC1175ミニバラ(綺麗に咲いて長持ちしています)

150505__DSC1173赤富士(もう少しです)

150505__DSC1176ピエールドロンサロール(先端の気の早いつぼみ)

 開花まで後一歩です。大体開花はゴールデンウィーク明けの週から始まります。4月は雨が多く寒かったので遅れるかと思いましたが最近の暖かさと快晴で取り戻したようです。