HF帯の開局準備

アマチュア無線を再開しましたがやはり短波帯にも出たくなりました。

地元で顔見知りに近い人とVHFで長い時間話すのも良いのですがやはり短波(HF)帯で少ない出力で海外と交信するのはアマチュア無線の大きな魅力です。

始めにHF用のアンテナを建てる事にしました。定番の第一電波工業のCP6にしました。マイナーチェンジ前の在庫があったので安く買う事が出来ました。この様な買い物を「ハイエナ買い」と言います。前に買ったAPRS専用に動かしているTM-D710(最近のは末尾にGがついてGPSが内蔵されている)も同じでした…

昔使っていた垂直タイプのアンテナが調整が難しくても何となく好きだし、水平のアンテナに較べて電波の発射角が低いため遠くまで飛ぶのでグランドプレーンのCP6にしました。早速組み立てます。

151120_0012812まずは給電部のホルダーの取り付け

VUHF帯用と違って電気的にセンシティブなのでマストから電気的に浮かせていますし、大きいのでステー線も張ってこれも途中から絶縁体で結線しました。

151120_0012813送信部(やはり結構大きい)

これを給電部に取り付けて、アースの代わりになるラジアルを取り付ければ完成です。

151124_0012823完成(一日がかりです)

151124_0012824ラジアル

10年以上前に家を作る時に作っておいた3階の北向きベランダ(時間が出来たらアマチュア無線と天体観測を再開するため)がやっと役に立ち始めました。天体観測は目が悪くなってしまいもう無理です。ここは知多半島ですので名古屋市や豊田市までひらけています。

早速受信してみるとすごいノイズです…昔はこんなことは絶対に無かったのですが…どうもインバータやコンバーターなどから発生するコモンモードノイズと言われるノイズです。携帯電話の電波が体に悪いと巷では散々言われましたがこちらのノイズの根本からの対策は殆ど進んでいない様です。

151124_0012825同軸ケーブルにパッチンコア×5を取り付け

少しだけ効果がありますが特に昼間のノイズに打ち勝つ事は難しそうです。

昔はアマチュア無線をする人は周囲のテレビやラジオに迷惑をかけない様にノイズ対策(ノイズを発生させない)を勉強しましたが今ではアマチュア無線をするためにノイズ対策(ノイズを貰わない)を勉強する時代になった様です。周囲のパソコンやネットに使うACアダプターなどを見るとどれもコモンモードノイズの発生源になりそうですが私もこれで充分な恩恵を受けているので対策をして行きたいと思います。

滋賀県往復(APRS)

少し滋賀県に用件があったので車で往復してみました。

アウトランダーPHEVにもAPRS機能のある無線機を取り付けています。

151113IMG_20151113_141756FTM-100D

本体は椅子の下そしてコントローラをダッシュボードの下に取り付けました。視線移動量は多いですがダッシュボード上に取り付けるのは盗難などのリスクが増えますし、運転中にも見つめてしまうので嫌いです。

釣り下げる取り付ける方をしたので収納場所は減らなかったですし、煩くなく取り付けられました。100Vが手元にあるのですが当然12Vをバッテリーから引き出さなくてはならず、使っていない時には暗電流を流さないためにシガープラグからリレーの電源を貰う配線にしましたがゴチャゴチャせずに纏まりました(結構時間がかかりました…もうカーナビの取り付け料金が高いなどとは言いません。結構苦労しました)。

兄貴分の2バンドを同時に聞けるFTM-400Dもマイナーチェンジをする様ですが弟分のFTM-100Dは前評判道理GPSの感度はとても良くこの位置でもすぐに位置を割り出してくれました。満足です。

局の免許も変更申請が許可になりましたし、無線局免許証票も無線機に貼り付けたので移動しながら電波を出してみました。

その結果は

101315綺麗にルートがネット上にリアルタイムで記録として残ります

愛知県三重県はスマートビーコンのお陰もあって完全にルートをトレースできている印象です。北海道旅行や(9月)や岡山や岐阜旅行(8月)でこれをやりたかったですがとても残念です。

往路草津の辺りから目的地付近まで記録が残らないのは違法無線局の混信です。APRSが使う周波数帯は総務省から決められた広帯域デジタル用の使用区分ですし、識別符号(コールサイン)もつけずにアマチュア業務以外のことを繰り返し話していました。こちらにも電波法59条に秘密の保護義務がありますのでこれ以上は書けないですが酷いものでした。電波法80条2項には総務大臣宛に違法局の報告の義務(権利ではなく義務です)がありますので総合通信局に報告しておきます。

巨大掲示板のAPRSスレッドにも何回も書かれていますが、私も前回は違法局がイヤで関東エリアで閉局したのですが、人間はやはりあまり進化していない様です。テクノロジーが進歩したらその分だけ人間も進歩しないとその責任が取れませんよね。

トランシバーを持って行った先週の釣り

FaceBookには書きましたがトランシーバーを持って石鏡から海に出てみました。結果は殆どビーコンを受信して貰えませんでした。

やはりハンディー機では少し厳しいかと…期待していたのですが神島から外に出てしまうと他のビーコンも受信できませんでした。国際マリンVHFは入っておりましたが残念でした。

そしてVX-8DはGPSが常時測位しているためか両バンド受信して3分間に一回の送信を2.5Wの出力すると電池も4.5時間ほどでなくなりました(ここは結構満足しています)。

前日の雨でコンディションは良くなかったのですが釣りは満足です。

151103_0012810ヒラメ,鯛,ハマチ,フグ各1枚

次は知多半島から出航してみます。