新しい免許到着(固定局)

待っていた新しい免許が到着しました。

免許状_固定200Wでの運用可能

アンテナ系は丁寧に作ったのですが出力4級相当の10Wではやはり海外との交信ではバランスが悪く、聞こえているけど応えてくれない時が沢山ありました。

これまでの免許は少し証拠が残っていますがホンの少しボランティアを目的のVHF帯だけのAPRSデジピーターを24時間運用したくて20Wを総合通信局に固定局を特例で下ろして貰ったでしたのですがやっと固定局(出力50W以上は強制的に固定局)らしくなりました。

今のアンテナならばHFでは国内だったら20Wも出していれば充分でしたが、最終段をA級増幅作動する綺麗な電波を出す送信機で使いたいものがYAESUのFTDX5000しかなかったので200W出力にしました。但しA級増幅での出力は75Wまでです。

併せてRTTYやJT65などのデジタル通信も使って見たかったので装置単独の技適申請で総合通信局に直接申請をするのではなく、保証認定を受けてから免許申請をしました。これ以降の機体(FT-991の様にPCと送信機をUSBで接続するタイプ)ならば保証認定が不要との事でした。

その際に提出したデジタル通信の説明文書(デジタル通信諸元)を添付しておきます。

結構手間もかかりましたがこれで固定局の増強はここで一度完了です。次は良く調べもせずに浅はかに4級(電話級)免許相当で買ってしまったFT-991(HF帯10W,VHF帯20W)を移動局の最大(50W)まで出力を上げて(改造して)、免許を書き換えてみたいと思います。

「新しい免許到着(固定局)」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。