イカ釣り(7月)

今月初めは私が庶務幹事を仰せつかっている学会の合宿もあり少し忙しかったです。昨日は分館で報告した様に少し時間が出来たのでまたイカ釣りに行ってきました。

師崎港から出港して1時間30分ほど大王崎沖が釣り場になりました。IMG_20160715_054928新しく買った電動リール

先月に新しくした電動リールの試運転でもあります。やはり約25年ぶりで大幅に性能が良くなっていますし、何よりも静かなモーター音が気に入りました。

新しくしたダイワのシーボーグMT750はネットでの評判も良いのですが 作動モードがPowerとHI Speedがあり、切り替えの時に一時停止してしまいます。今回もこの切り替えの一時停止でだいぶイカをばらしてしまいました。

IMG_20160715_060306 仕掛けはプラヅノ6本直結

水深が230m前後で錘は200号で棚は180mから下が主でした。

IMG_20160715_090810中型のするめイカ

この時期のイカの大きさは30~40cm程度の中型です。8月に入ってお盆が近づくともう一回り大きくなって釣りごたえは良いのですが食べるにには、刺身などでは歯ごたえが硬くなり過ぎて味も薄くなってしまい、煮物などの料理が主体になります。生で食べるならばこの辺りのサイズが一番美味しいですかね?

IMG_20160715_113206船上乾し

前回は沖漬けが主体でしたので今回は船上乾しを主体にしてみました。船の移動中や釣りの合間にイカを開いて中わたを取って洗ってから乾していくので相当忙しい事になります。錘も結構重いハードな釣りですし、全身運動になります。

乾したイカは甘みが増して、そのまま自宅で冷凍しておけば殆ど水分がないので半年は味が変わらないですし、何よりも一枚一枚薄くなるので冷凍庫のスペースを取らないのが良いです。船上乾し20と生イカ30の収穫になりました。

満足です。暫くはイカには困らないと思います。今年のイカ釣りは満足しました。週末はずっと釣り業務を行っています。この時期日焼けには充分に注意しましょう。