猫のパソコン設定(2)

 Linux で主にアプリケーションをインストールした際の覚え書きです。

WordPress用にPHPの更新(2010.8.16)

 最近はサーバーの信頼性も良くなり(自作パソコンからML115G5に代えただけという噂は否定出来ませんね)ましたので1年に一度のメンテナンスで良くなりました。とは言えHDDは消耗品ですし、やはり年々太っていきます。

 お盆休みでしたので定期メンテナンスも兼ねてHDDは容量を大きなものに代えてVMware ESXiもVer.4.1.0に上げてゲストOSもCetOS Ver.5.5としました。

 ブログ(WordPress)もVer3.01に上げましたし、データもphpMyadminを使う事で簡単に移行出来ました(この辺りは本当に便利になって安定しております)。
 でもWordpressの公式サイトを読んでいると「PHP 4 と MySQL 4 のサポート停止のご案内」http://ja.wordpress.org/2010/07/30/php-4-and-mysql-4-end-of-life-announcement/
がありました。その中には
2011年上半期リリース予定の WordPress 3.2 では、PHP の動作要件の最低バージョンが 5.2 に引き上げられます。
WordPress 3.2 での MySQL の必要最低バージョンは5.0.15になります。
と恐ろしい事が丁寧に書いてありました。

 CentOS(5.5)のPHPは5.16でしたし、Mysqlは5.0.77です。まずは先だってPHPのアップグレードをしてみました。

まずはphpを全部消去します。

# yum remove php
# yum remove php-*
# yum clean all
# /etc/rc.d/init.d/httpd reload

 yumをあまり弄ってしまうと自動更新でトラブルの基になりますので私はrepository設定は極力触らない様にしています。

 今回はrpmファイルをネットで持って来て手動のインストールをしてみます。
 ネットを探していたら親切な人がおり、Centosの5.5(X86-64)用にPHP 5.2.14のx86_64 rpmファイルを公開していました。

http://www.atoomnet.net/centos_updated_php.php

 ここからファイルをダウンロードしてから
# rpm -ihv php-common-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-cli-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-mcrypt-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-pdo-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-dba-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-mysql-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-gd-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-mbstring-5.2.14-1.x86_64.rpm
# rpm -ihv php-bcmath-5.2.14-1.x86_64.rpm
でインストールを完成して

# /etc/rc.d/init.d/httpd reloadで再スタートしました。

WordPress用プラグインの整理(2010.8.16)

 以前の書き込みでphp-gdが存在しなくて苦労したのを覚えており先ほど書いた様に今回はphp-gdは導入したのです。しかし愛用していたFlexible Uploadは流石にプラグインが古いためかWordpressの3.01では作動しないようです。

 本当に残念ですがImageManager(Ver.2.5.3)に変更したいと思います。ちょっと設計思想が違うので使うには少し苦労しそうです

 またAuto Highslide(Ver.1.0),Google Maps Anywhere(Ver.1.2.6),Ktai Entry(Ver.0.8.11),Ktai Style(Ver.2.0.3)をそれぞれ使用する事にします。

MediaTombのインストール(Tarボールからの解凍;加筆2010年8月16日)

最近はTV、PS3やPSP等のようにDLNA対応機器が増えてきています。私の所にもIODATAのDLNA対応であるネットワークメディアプレイヤーがありますのでサーバマシンにDLNAサーバを組み込むことにしました。DLNAサーバには、OSS(GPL V2)のMedia Tomb使用することにします。

 しかし私のサーバー機がX86_64で動かしているためでしょうか?残念な事に何時も御世話になっている“CentOSで自宅サーバー構築”とは少し方法が異なってしまいましたのでメモ書きを残しておきたいと思います。

 wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/mediatomb/mediatomb-0.12.1.tar.gz

tar zxvf mediatomb-0.12.1.tar.gz

 としてソースモジュールを解凍します。

cd mediatomb-0.12.1

./configure –enable-mysql

で環境にあわせたmake条件を作ります。

 ./configure最後のメッセージは

CONFIGURATION SUMMARY —-

sqlite3               : missing
mysql                 : yes
libjs                 : missing
libmagic              : yes
inotify               : yes
libexif               : missing
id3lib                : disabled
taglib                : missing
libmp4v2              : missing
ffmpeg                : missing
ffmpegthumbnailer     : missing
lastfmlib             : missing
external transcoding  : yes
curl                  : missing
YouTube               : missing
libextractor          : disabled
db-autocreate         : yes

root になってyumコマンドで不足しているライブラリーを追加して行きます。
特にlibを含んでいるものは重要だと思われます。

# yum install libjs taglib libmp4v2 id3lib lastfmlib libextractor
を実行したのですが・・・結局

CONFIGURATION SUMMARY —-

sqlite3               : missing
mysql                 : yes
libjs                 : missing
libmagic              : yes
inotify               : yes
libexif               : missing
id3lib                : disabled
taglib                : missing
libmp4v2              : missing
ffmpeg                : missing
ffmpegthumbnailer     : missing
lastfmlib             : missing
external transcoding  : yes
curl                  : missing
YouTube               : missing
libextractor          : disabled
db-autocreate         : yes
でした。リセットしても同じでした。

 この後makeとmake install です。
 mysqlにデータベースを作ります。
# mysql -u root -p
Enter password:

Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 5
Server version: 5.0.77 Source distribution

mysql> create database mediatomb;
Query OK, 1 row affected (0.04 sec)

mysql> grant all privileges on mediatomb.* to mediatomb@localhost identified by ‘パスワード’;
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> exit
Bye

また/usr/local/share/mediatomb/の下にsqlの初期設定用ファイルが出来ているので
# mysql -p mediatomb < /usr/local/share/mediatomb/mysql.sqlを実行する
また*/mediatomb-0.12.1/configにMediaTomb設定ファイルが出来ているのでMT_INTERFACE=”NOT_SET”をMT_INTERFACE=”eth0″に変更して/etc/mediatombにコピーする。

# /usr/local/bin/mediatomb start
# /usr/local/bin/mediatomb stop
で/root/.mediatomb/config.xmlが生成するので
後はhttp://centossrv.com/mediatomb.shtmlに従って修正すれば良いです。

因みに起動は
#  /usr/local/bin/mediatomb start &
停止は /usr/local/bin/mediatomb stopで良いです。動くには動きますが少し重いですね。