フィルムカメラが眺めたヨーロッパ2010(2回目)

9月にヨーロッパに2回目の出張がありました。またフィルムカメラを持ち歩きました。

ウィーン→ニュルンベルグ(ウルツブルグ)→ブレーメン→コペンハーゲンと移動しました。最初は天気がやや悪かったのですが後半は持ち直しました。私個人はコンディションさえ良ければデジタルに較べてやはりまだまだフィルムカメラの方が魅力を感じる事が出来ます。

成田空港にて

1009_Image02.jpg

 今回は往復ともオーストリア航空を使いました。パリやフランクフルトに較べてウィーンは小さな国際空港です。でも逆にCIQが速くてとても便利です。中心部までが30分間隔で発車する列車で20分です。

ウィーンにて

1009_Image04.jpg

離宮

前回もフィルムカメラで撮りました。なぜかここに来る時は悪天候が多いです。雨上がりの離宮です。

1009_Image05.jpg

後ろには噴水

 離宮の起源となった泉があります。この後ろの丘からの眺めはとても良いです。

1009_Image06.jpg

離宮と市街

 ウィーンは周りが山に囲まれた位置にあることが良く解ります。左奥にはベートーベンが住んだ家もあります。

1009_Image07.jpg

国立オペラ座(幕間)

 ウィーンに来ると必ずコンサートを聴いています。今回はMOZARTフィルを聴いてきました。これは主に若手の演奏家がモーツアルトが活躍した時代の衣装で演奏をするものです。演奏も本当に良いのですが「弦楽器は聞くものではなく見るものである」を本当に良く表したコンサートです。

ドイツにて

 ドイツへの移動は列車です。ドナウ川沿いを列車はすすみ、南部ドイツを抜けて約4時間でニュルンベルグに到着します。

1009_Image08.jpg

1009_Image09.jpg

旧市街にて

 私の街の歩き方は本当に乱雑です。まずは市内を予め読んだ本を頼りに歩いてみて次にじっくり歩いてみます。

1009_Image15.jpg

トラム乗り場からみたニュルンベルグ中央駅

1009_Image13.jpg

旧市街入り口

1009_Image14.jpg

同じく旧市街入り口

 その後受胎告知のレリーフの様に気に入ったものを何回も見る事にしています。

1009_Image10.jpg

神聖ローマ皇帝の居城

 駅の反対側には居城がありましたが戦争の歴史を考えると血なまぐさくてあまり長居出来ませんでした。

1009_Image11.jpg

 でもここからの眺めはお勧めです(突然の雨に降られました)。

 1009_Image12.jpg

旧市街中心の橋

 ニュルンベルグという街は歴史の要所要所で良くも悪くも顔を出しますが今はひっそりと鳩も歩いている街です。

1009_Image19.jpg

旧市庁舎の傍の広場にて

こちらでは何時も市が立っています。

1009_Image16.jpg

スズメとトマト

1009_Image17.jpg

ベンツ(トラック)とパン屋

 ここの野菜はドイツの人に言わせても良質だそうです。トマトなども目に痛い位の赤でした。気温は20℃前後です。今年の日本の猛暑が信じられない位です。

 学会の3日目ちょっと抜け出してウルツブルグという街に行ってきました。ウルツブルグはニュルンベルグから特急で1時間です。この町はレントゲンがX線を発見したゆかりの街ですしロマンチック街道の起点でもあります。

1009_Image20.jpg

 ウルツブルグ大学にて

1009_Image21.jpg

ウルツブルグ大学のモニュメント

 知り合いにウルツブルグ大学を見学させてもらった半日でした。

コペンハーゲンにて

 ドイツでニュルンベルグで行われた学会に参加してブレーメンを経由してコペンハーゲンに到着しました。コペンハーゲンも好きな街です。

1009_Image24.jpg

ホテル最寄りの駅舎

 北欧に限らず北の街は冬期は夜が長いので街頭がワイヤーでつり下げてあります。これを見るとワクワクしてしまいます。

1009_Image25.jpg

ホテルの傍にて

1009_Image27.jpg

最寄り駅(ホテルの窓から)

1009_Image26.jpg

同じく公園にて

 私は鈍感なのでどこでも気になりませんがデンマークまで来ると食事なども海産物が増えてきて日本人にも耐えられる様になります。

1009_Image22.jpg

アンデルセンの愛した街並み

 また町歩きです。ここのお勧めはアンデルセンの愛した街並みと王室の宝物殿です。

1009_Image28.jpg

1009_Image29.jpg

 離宮にて

 オーストリアよりも小さい国ですがこちらも贅を尽くしたという表現が良く当てはまります。

1009_Image30.jpg

1009_Image31.jpg

王宮にて

 離宮から少し歩くと王宮です。丁度土曜日でしたので衛兵の交代式がありました。

 最後にランドマークです。

1009_Image32.jpg

1009_Image33.jpg

頂上から

 本当に有意義な旅でした。ありがとう

「フィルムカメラが眺めたヨーロッパ2010(2回目)」への1件のフィードバック

コメントを残す